いがらしゆみこ,読書いがらし ゆみこ,とはずがたり,マンガ,マンガ日本の古典,中公文庫,中央公論新社

とはずがたり マンガ日本の古典13

まあ、おもしろいんですけどね。
よくこれに、いがらし ゆみこを選んだなぁと。ピッタリです。

しかし、やっぱり坊主は信用ならなんなぁ。
一番悪いやっちゃ。

しかし、このシリーズ、コツコツ集めていて、もう手に入らないのも出て来たなぁと思っていたら、急に去年あたりから話題になって増版された。そんなことって、あるんですねぇ。

いがらしゆみこ,水木杏子,読書いがらし ゆみこ,キャンディ♡キャンディ,リアル,中公文庫,中公文庫コミック版,中央公論社,水木 杏

キャンディ♡キャンディ6

完結編。

いやぁ、読むたびに、やっぱりおもしろいわと思います。
「ウィリアム大おじさま」が、身内からも、社交界からも、一切姿形すら秘されていたのは、なんででしたっけ?
遺産が莫大すぎて、命狙われるとか?
とかの疑問は残るのですが。

中島 梓の解説は、まったくその通りです。これ絶対後世にも残っていくポテンシャルを持った作品です。
だからこそ、今、封印作品として読めない状態であるというのが、残念です。

ちなみに、今、アマゾンを見てみたら文庫本全6巻(古本)1万円ぐらいでした。

そういえば、確か日本は養女の結婚はダメだったと思うのですが、この世界では大丈夫なのかな?
いや、結婚はしていないか。

ちなみにわたしは、パティ派です。

いがらしゆみこ,水木杏子,読書いがらし ゆみこ,キャンディ♡キャンディ,リアル,中公文庫,中公文庫コミック版,中央公論社

キャンディ♡キャンディ5

消えたので、書き直しです。

憶をなくしたアルバートさん。テリーとの別れ。
怒濤の日々ですが、なんというか、キャンディは自立した職業女性という感じです。

今読んでも、やっぱり凄いというか、読んでいた当時、本当にこれを理解していたのかどうかが怪しい。
大人からの目とか、そういうのがリアルです。

藤子不二雄A,読書まんが道,中公文庫,中公文庫コミック版,中央公論新社,藤子不二雄A

まんが道3

いよいよ、高校卒業。
そして、本格デビュー。

伝説がはじまる感じに、ワクワクします。

横山光輝,読書マンガ,マンガ日本の古典,中公文庫,中央公論新社,平家物語,横山 光輝

平家物語 下 マンガ日本の古典12

有名なエピソードって、けっこう、清盛死んでからなんですねぇ。
まあ、平家が追われていって、滅びていっての部分で名シーンが多いので、それもそうか。