不死鳥のタマゴ一覧

不死よりもさらに永遠なる…

不死鳥のタマゴ3

何回も、クスクスわらいをもらしながら、読み切りました。
「不死鳥のタマゴ」完結です。

以下、ちゅんの正体とか、ネタばれありということで。

続きを読む


ラブ・ビーム

不死鳥のタマゴ2

「うっかり眠ってた」

というフレーズが、個人的にツボでした。

しかし、ゴブ子は、ラブビームを知っているということは、この人も、謎の力を秘めた種族なんだろうか?

この接する人の接し方によって、本当に影響をうけてしまうという存在は、現実の人間のなかにも、きっといる。

だから、その人たちが生きやすいような世の中にしていかなければならないと思います。


読まないことには、はじまらない…

不死鳥のタマゴ1

普段から少女マンガを読み慣れているよという人にとっても、山田ミネコと紫堂恭子というのは、けっこう、ハードルが高いみたいです。

たしかに、わたしも、小学校の頃は山田ミネコ読めなかったし、紫堂恭子もはじめて見たときは、「いつの時代の絵ですか?」とか思ってました。
でも、読むとすごい引き込まれます。

さて、「王国の鍵」は、けっこうハードな話だったのですが、今回の「不死鳥のタマゴ」は、今のところ、けっこう、コメディな展開です。ちょっと、「辺境警備」を思い出させる感じです。

おもしろいと思うんだけどなぁ。読まないと損だと思うんだけどなぁ(笑)