ワニブックス一覧

えーと、かしこいかしこい

勉強ギライな子どもに「勉強の面白さ」を伝える方法 わが子の「21世紀型学力」を伸ばす!

いや、いい題なんですけどね。
内容はねぇ。

この人、あまりにも自分が賢すぎて、多分、他の人間も全部自分と同じ様になんでも出来ちゃうと思っている感じが、ものすごくする。

子どもに知識なんか教えてはいけない。考えさせるんだ~。わたしは、子どもの頃に、考えてこんなことがわかった。それはね~(知識の羅列)という話の流れは何というか……。

うん、多分、この人自身は、学校無くても良かったかもしれないし、それが真実かもしれない。でも、とても多数の人間にとっては、多分、それ正解ではないから。

だいたい、この手の話をする人って、文化ってものをどう考えているだろうかとものすごく不思議に思います。今までの先人が考えてきた上にいろいろなものを積み重ねたからこそ今がある。1人の考えではわからないことでも、積み上げて考えられたからこそ、今がある。
わたしは、そう思います。

この人が言うようなのが、21世紀型学力だというのなら、多分、今以上に格差のあるひどい世界になっていくと思います。

この本の素敵な効果があるとしたら、読んだ人間に、毎度おなじみの学校不信を植え付けることかなぁ。そうすると、読んだ人は、自分の子どもの育ち方や学力の問題を、学校にせいに出来て、自分のことは反省しなくても良くなるので、ちょっと楽になるかもね。

久しぶりに、教育関係でひどい本を読んだ。


このいつもプレッシャーをかけてくる被害者面が…

メイド諸君! 下 新装版

いやあ、チョコちゃん、選択を誤ったなぁと。
思いません?

まあ、誤っていることすら自分で気づいていて、それでも選ぶから「恋」なのかなぁとも思うのですが、それでもなぁ。

人は、自信ひとつで変わっていけるところもあるけれど、このラストに及んで、まだこんなこと言ってる男ってなぁ~。オタクには、甘いけど優柔札には厳しいわたしでした。

作者だって、悪意をもってこのラストをかいている気がするのですが、それでも、都合が良すぎることが多くて、「これでもいいか」という男子がいたりすると……。怖いです。


ゴスロリ九郎

一騎当千20

なんか、メッチャ途中なんですが、多分、「一騎当千」は、これで終了っぽいですねぇ。
そして、「真・一騎当千」に続く感じ。

西の連中が出てきてから、大まかな流れとしてあった三国志の歴史とかもなくなって、時代とかもどうでもよくなってきたので、リセットをかけるにはちょっと遅すぎたぐらいかもしれませんが。

うーん、最後はウェスタンのガンマンまで出てくるような話になったりしても楽しいなぁと思ったりもしています。
飛び道具、そんなに卑怯じゃないでしょ、この世界。伯符は嫌いそうだけど。


昔から、濃いな

メイド諸君! 上 新装版

舐めた題名。
絵柄も、昔の絵柄でちょっと今ほど可愛い感じではないです。
でも、ストーリーは、濃いです。

黎明期のメイド喫茶……なのかな。


西から来た女

一騎当千19

前巻で、なんとなく一段落ついた感じで、気がついたら、4年たっていたという。いや、コミックは、割と順調にでていると思います。
問題は、わたしの方ですね。1回読むのが遅れだすと、だだ遅れになります。
けっして、飽きたとか、つまらなくなったとかでは全くなく、完全に、わたしのタイミングの問題です。

赤壁が終わって、どうするんだろうと思っていたら、関西勢は、日本の剣豪という超展開。
関西一は、武蔵かなぁ?

渋いところでは、石舟斎とか?でも、これだと柳生だしなぁ。