ロトの紋章一覧

敵は十万

ロトの紋章5 完全版 ドラゴンクエスト列伝

多分、こりより先に、たがみ よしひさ「私立北鳳高校K.I.E」があったはず。あまりにも早過ぎる天才。見る目そのものも、その作品も。

そして、「ドラクエ」。
それまでの藤原 カムイのマンガの傾向と変わったので、無理矢理かかされていたのだとずっと思っていましたが、「あとがき」を読むと、決してそんなことはなかったみたいです。
こういうストレートな資質も、藤原 カムイの中にはあったんだとビックリ。

ひねくれたアダルトな作品も、読みたいなぁ。

とりあえず、「チョコレートパニック」が読みたいです。

と思って、調べたら、うぉ、今、「チョコパニ」って、Kindleで読めるのね。
でもあれは、あのチョコレートな形の本が良いんだけれど……。


少年マンガの王道

ロトの紋章4 完全版 ドラゴンクエスト列伝

藤原 カムイって、この「ロトの紋章」と「雷火」で、一気に王道の少年マンガをかいたなぁと。1
これ以前の作品は、ものすごく斜に構えていて、それはそれでかっこよかったのですが。

「H2O」からのファンとしては、これを読んだときは、ビックリしました。つまんなくなったと感じたけれど、今は、こっちの藤原 カムイもけっこう好きです。

賢王の覚醒。
今読んでも、じいさんはポロンのことを気づかんかったんかいなと思います。

  1. まだ、「雷火」は、主人公が悪人顔だったりしましたが。 []

バラモスゾンビ

ロトの紋章3 完全版 ドラゴンクエスト列伝

遊び人登場。
このあたり、ドラクエに詳しいといろいろな設定が効いていておもしろいらしいです。

わたしは、ドラクエは、「5」と「1」、「2」しかしたことないからなぁ。そして、もしかするとクリアしたのは、「1」だけかも。
あんまり実は、思い入れはなかったりします。


すべては血か…

ロトの紋章2 完全版 ドラゴンクエスト列伝

まあ、血というのは、それなりに説得力はあるし便利なんだけれども、そうすると、努力はどうなるという気もします。
もちろん、血の上に努力があってこそなのですが、でも、肝心の血がなけばダメだよねという話でもあります。

血を才能に変えたら、まあ、そうなのかなぁという気もしますが、そこをあんまり肯定したくない気持ちもあります。


オープニングのテーマ曲が聞こえてくる?

ロトの紋章1 完全版 ドラゴンクエスト列伝

マイナー系のマンガ誌で、ブイブイいわしていた(ように当時私が感じていた)藤原 カムイが、メジャーな「ドラクエ」をマンガ化するということで、凄く違和感があって、当時は期待もしていなかったです。
特にこの1巻目は、ストーリーもお約束的展開で、藤原 カムイ、終わったとか本気で思っていました。

でも、どんどん読み進めていくと、独特のアクがなくなったせいで、読みやすくもなって、すごい面白いのです。ということで、完全版も読んでいます(笑)好きです。藤原 カムイのドラクエ。まあ、「エデンの戦士たち」が途中で終わっているのは気になりますが。

そして、マイナー系のものの続きも読みたいですけどね。「彼方へ」とか。