ヤンマガKCスペシャル一覧

エブリティ、妖怪

でろでろ7 新装版

妖怪が、大戦争をしちゃうような話ではなくて、本当にくだらない一つ一つのことに、くだらない妖怪がいるというこの話が凄い好きです。
もともと、絵柄も古っぽかったし期待していなかったのですが、期待以上。

そして、後の巻になるほど、絵も上手くなってきて、女の子もかわいくなってきています。


倖せそうなのがなによりです

でろでろ6 新装版

良い感じで、キャラがたって、バラバラに動いている感じが良いですねぇ。
留渦だけでなく、水面姉ちゃんも、みちこも、それぞれに良い味がでています。

まあ、カントクとかも、どうでもいい味が出ていると思います。あぁ、委員長は、けっこう好きです。


BORN TO SING

僕の唄は君の歌2

なんか、ちょっと読んでみると、第2部とかいって別の話が始まっていたので、このままグダグダになって終わってしまうのかと心配していた「僕の唄は君の歌」です。

でもまあ、それなりに納得のいく終わり方だったので、ちょっと、ホッとしました。

柴門 ふみのマンガは、時代とともに古くなってしまう種類のマンガなんだなぁと改めて感じました。それは、けっして悪いことではないのだけれど。でも、その時代の空気を知らないと理解できないところが多い。

それは、テーマ選択の部分ではなくて、もっと本質的なところで、時代とともに生きているということかもしれません。


あの頃の僕は

僕の唄は君の歌1

多分、読んでたのは高校時代ぐらいかな。
この作品で、柴門 ふみが好きになったのでした。
すごい名作だと思った。

多分、1巻しか読んでないです。
で、すぐに世間から忘れ去られていった物語です。それもそのはず、やっぱりものすごく時代とリンクした作品です。

今、こうやって読んでみると、あの頃に感じたような切実さは、感じない。あの頃は、ほんとうに、ゆりが純情な子だと思っていたし、ゆりの孤独にシンクロしていた自分がいたのですが、今読んでみると、けっこう、ゆりってしたたかかも。

でも、やっぱり、

「歌うことだけがあたしの存在の証明なのだから/あたしは歌い続けてやる」

という台詞には泣けてきた。