ヤングチャンピオンコミックス一覧

出会う意味、存在する意味

どろろ梵4

どろろ梵、完結。

元の「どろろ」が、次第に権力との戦いのお話になっていったのは、もともと、「どろろ」が、忍者物などの劇画に挑戦しようとしてつくられたものなので、仕方なかったのかも。
百鬼丸誕生そのものが、権力を得るため儀式だったし、物語として、それが内包されていたのだと思います。

でも、本当は、こっちの方向に進む道もあった気がします。そんな「どろろ梵」でした。

そして、物語は終わらない。
突き抜けて、広がっていきます。

素敵だ。


2人の百鬼丸、2人のどろろ?

どろろ梵3

どろろが、妖怪になった経緯を百鬼丸は、今までしらなかったのですね。

そして、2人目の百鬼丸。

うーん、絶対、手塚 治虫がかいてたら、こんな展開にはならなかったと思うのですが、なんかあんまり違和感ないんですよねぇ。
それは、手塚 治虫がつくった最初のマンガが、なんか、物語の原型みたいなものだからなのかもしれません。


妖怪の言い分

どろろ梵2

百鬼丸が考えているほど、妖怪側の事情も単純ではないみたいです。
なによりも、どろろが妖怪になってしまった経緯がわからんことにはなぁ……。

単純に考えると、妖怪そのものは、百鬼丸の親父の欲望が、作り出したようなもんだしな。


現世でも、ひるこだったようです

どろろ梵1

百鬼丸とどろろのその後を読めるのは、けっこううれしいかも。

まあ、手塚 治虫の作品ではなくて、今風のリニューアルなんですけどもね。

でも、「どろろ」って、すごい傑作だなぁと思います。このマンガがなかったら、きっといろんなマンガがなかったそんな物語です。

転生した百鬼丸も、なかなかいいです。現世の記憶はどうなったんだとか思いますけどね。

そして、今回の相棒は、どろろではなくて、梵。どろろは、妖怪として生きているみたいです。でも、題名からすると、梵はどろろの生まれ変わりっぽいなぁと思うのですが。

さて、まだスタートしたばかりで、全体は見えていない感じです。でも、今はワクワクしています。


ボクがつけた天使の傷…羽根がなくても

イかせて!!バンビーナ3

3日で、3巻。これで完結。
本当は、もっと一気に読みたい気もしたのですが、もったいない気もしたので1日1冊でした。

この手の話って、ずーーっと、ぬるま湯状態のまま、永遠に続けていくのもある種の理想で、そうやって続いていくお話もあります。

それから、日常にもどっていくパターンも。

ということで、以下ネタバレありです。読んでからどうぞ。

続きを読む