ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ一覧

世界を殺したナイフ

バイ オーグ・トリニティ5

フミホとは?
世界とは?

まあ、わけがわからん世界ですが、大暮 維人には、あってると思います。


世界の仕組み

バイ オーグ・トリニティ4

世界の仕組みが見えてきた感じのする4巻目。
主人公も、今まで以上にアクティブな感じになっていてよいです。


穴は心に

バイ オーグ・トリニティ3

話は、はるかに「化物語」の方が面白いのですが、絵的にはこっちの方がかっこいいですね。
なんか、いろんなものが融合している感じが、今時のデビルマンというかなんというか。


正義と平和の未来

つきロボ3

あぁ、最後は「破壊魔定光」みたいな話になって終わるんだと、ビックリしました。
ずっと、「プロジェクトX」的なノリで続くのだと思ってた。でも、それでこそ中平 正彦だなぁとも思います。

この人の中で、正義っていうのはなんだろうというのは、ずっと考えられ続けているんだろうなぁ。


月に住む未来

つきロボ2

巨大ロボットものといいながら、けっこう地味な展開。
でも、この1歩1歩、みんなで何かを完成に持っていく感じというのは、とってもいいですよねぇ。
学祭前が続いている感じというか。