奥浩哉,読書ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,奥 浩哉,集英社,HEN

HEN6 Dark

キャラクターとシチュエーションだけあって、うまく転がしているように見えるんですが、かなり計算してやってますよねぇ。
前の「変」をどのあたりまで覚えているのかっていうところまで、計算されている気がします。

そして、ファイティングバイパース。この頃かぁ。懐かしい。しかも、初代ですよねぇ。わたしも、大好きでした。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,リアル,同級生,大暮 維人,舞城 王太郎,集英社

バイ オーグ・トリニティ9

ん?
元々、訳わからん話だったけど、ここに来て情報量が増えてないか?

40年前?
同級生?

リアル世界では、なにがあった?

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,大暮 維人,集英社

バイ オーグ・トリニティ8

まあ、その光が、本人だけではなくて、周りも巻き込んで、ものを潰していく気もしますが。

それぞれの「言葉」こそ大事な気もするのですが、全部が全部、本気ではなくてフェイクもある。自分自身が気づいていない嘘も。
だから、言葉で紡がれていく物語は、不安定で、難しくて、おもしろい。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,大暮 維人,集英社

バイ オーグ・トリニティ7

消えたので、書き直しです。

意味はあんまりわからないけれど、言ってることって、単純なことで、まあ、「天気の子」と一緒だよなぁと思ったりします。

世界と好きな女の子。どっちをとる?
そういうお話。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,大暮 維人,舞城 王太郎,集英社

バイ オーグ・トリニティ6

消えたので、書き直しです。

こうやって、溶けていった先で、世界の境界線が消えてしまうのか、それとも、それでも核になるものを見つけられるのか。
核になるものは、救いになるのか?

もしかしたら、無限ループ?