手塚治虫,読書マーズ,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,横山 光輝,講談社,魔神ガロン

魔神ガロン 手塚治虫文庫全集

横山 光輝の「マーズ」を読んだときは、

「なんて新しいんだ!!」

とか思っていましたが、手塚 治虫がやってたか。
さすがだ。すごいな。

play:game評価,ボードゲームカリフォルニア,カルタゴの貿易商たち,キャッシュ・アンド・ガンズ,ゲームの評価,ビッグ・キニ,ペッパー,マーズ,乗車券,乗車券 メルクリン,落水邸物語

先日遊んだ、以下のゲームの評価を書きました。

「乗車券 メルクリン」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3577

「ビッグ・キニ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3578

「落水邸物語」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3579

「キャッシュ・アンド・ガンズ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3580

「カルタゴの貿易商たち」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3581

「ペッパー」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3582

「カリフォルニア」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=3583

「『メルクリン』は、良いですよ。こんな風に、改良されていたんですよ!」

と熱く語っていたら、

「つまり、ゲーマーズ・ゲームになってきたってことですね」

と指摘されました。
あぁ、そうかも……。そして、わたし自身も、そういうゲームを好むようになってきたのかも。

でも、ホントに楽しいですよ。