マンガ一覧

時代を超えて

That’s!イズミコ1

また、読めるのがとっても嬉しい。
コミックス自体は、きっと家のどこかにあるはずなんですが、けっこう、ボロボロだったと思うので。

この人の作品も、多分、リアルタイムで読んだときと今って印象というか、受け取れる情報量は違っていると思います。もちろん、以前読み取れいたことが読み取れなくなっているということも、充分にあるんだけれども。
多分、亜奈開家と極楽院家で比べてみるならば、多分、亜奈開家の方が常識的で、そういう部分をよりアナーキーな極楽院家にからかわれている感じがします。そして、どっちかというと、イズミコは、その亜奈開家っぽい常識をもっていたりする。

それから、イズミコ、思ったほど孤独ではないな。友だち、けっこういる。だからこそ、カガミコにならずにすんだということかなぁ。

あと、ふと思ったんだけれども、このストーリー展開って、ラノベの元祖みたいな気がします。メカと女の子って、一時期のロリコン系のマンガから来ていると思うのですが、ちょっと、そういう時代の先駆けのような気がします(もしかしたら、時代の雰囲気そのものだったのかもしれませんが)。
残っていくものって少なくて、でも、大野 安之とかがみ あきらとかは、残っていって欲しいと願っています。


幽霊部長

究極超人あ~る7

このマンガって、ホンマにまりいの魅力で成り立っていますね。
ちょうどいい気の強さ(笑)

まあ、小夜子は、ちょっと気が強すぎるかな。

と書いて、どっちもどっちだなぁと思ったりもしました。


風になれ

風の騎士団1

まー、なんて懐かしい。
増田 晴彦ですよ。というか、寄生虫といった方が、しっくりくるかも。

多分、知らん人の方が多いでしょうねぇ。

でも、怪獣をかかせたら天下一品です。

「虚空からの挑戦」も好きだったなぁ。実は、少年マンガのこの人のマンガより、マイナー系のマンガの方が好きというのはあります。
でも、少年マンガも、熱くてストレートで好きです。


きみはわがこずえを鳴らす風

私たちは繁殖している10

息子さんは、マンガ家をめざすそうです。
まあ、親がマンガ家だからってなれるものではなく、これこそ実力だけの世界。まあ、応援して貰えるというのは、プラスになるのかなぁ。

最後は、竹宮 惠子学部長にあいさつ。
最近、萩尾 望都の「ポーの一族」の新作なんかを見て、竹宮 惠子の新作を読みたいなぁと。さすがに、この世代の人たちの新作って、けっこう見られなくなってきた気がします。
うーん、特に「風と木の詩」の2部とか、「変奏曲」の2部とかは、読みたい。増山 法恵の小説でもいいので。

と、全然、「繁殖」の感想ではないという……。


長寿マンガ

STOP劉備くん!

懐かしい。
そして、今も続いていると知って、無性に読み返したくなりました。

けっこう、ネタおぼえていないなぁ。そして、もっと時事ネタによっていた気がしたが、そうでもないな。

あぁ、「JUNE」に連載されていたんですよねぇ。だから、「ストップ」で、江森三国志なんだよねぇと。

さて、「リターンズ」までたどり着くのは、いつのことやら。