マガジンZKC一覧

セッタップ!

仮面ライダーSPIRITS14

あぁ、大変身よりも、セッタップの方が、好きだったかも。
Xライダーって、そういえば、親子の物語だったような記憶が。

楽しい。


第2部は、あるの?

8マン インフィニティ 6

エル・ケーニッヒは、どうやら、「エリート」の登場人物のようですね。
そういえば、「超犬リープ」は見たことがあるのですが、「エリート」は知らない。これも、読んでみたい作品ですね。

今回、東八郎の旧8マンが出てきます。
今の8マン・ネオは、スマートなんだけど、かっこよさは、断然昔の8マンだと思ったりします。年かな。あの肩の辺りのラインが好きなんです。

プロローグが終わって、第1部完となったのですが、これ、第2部、やって欲しいなぁ。
無理かな?


仮面ライダーの歴史

仮面ライダーSPIRITS13

もう、だれがZXと出会ったのかわかんなくなっていますが、作者は、ちゃんと把握していて、良の思い入れをそこに入れていますね。

敵とはいえ、次々に歴代のライダーに変身を繰り返していくシーンは、なかなか燃えるものがあります。

ライダーマン、やっぱり、数に入っていないし……。結城 丈二、裏切りの星に生まれた男……。


おいてけぼり

仮面ライダーSPIRITS12

物語は、どんどん過酷に、そして、複雑に。
ライダーたちは、ボロボロに。

そして、多分、読者は、けっこうおいてけぼりに……。

「仮面ライダー」としての爽快さをだそうとしたら、短い話が連続している方がきもちいいと思うのですが、今回は、ずっと戦い続けているので(しかも、絶望的な状況)辛そうだ。
たくさんの登場人物が、世界中色々なところで、関連のある事件を追っているという状況も、複雑さに拍車をかけています。

それでも、

「仮面ラ~~イダ-V3」

というドクトルGのセリフを読めば、それだけで喜んでしまう、わたしは、ライダー世代(笑)


未来から過去へ

8マン インフィニティ 5

だんだん、題名ネタも、平井 和正からはなれてきてるんですよねぇ。
そして、ストーリーも……とかおもっていたら、谷博士ですか。

な、懐かしい(笑)
↑ わたしは、何歳だ!!