マガジンエッジコミックス一覧

道家の女

SHAMAN KING レッドクリムゾン1

道家のセカンド・ジェネレーション。
というか、バージョン1.5ぐらいか。

今までの体制から180度転換をする道家。
でも、転換する故の痛みも出てくるというお話で、実は、テンポは、本編の「スーパースター」よりも、いいです。なんか、昔の「マンキン」という感じがします。

潤ねぇさん、かっこよ綺麗。そして、ジャンヌ。これしか道はなかったのか。


愛のかたち

SHAMAN KING THE SUPER STAR 2

人気でいえば、マンキンの頃に比べると微妙な感じがします。
ゆるくはじまったあっちに対して、2代目は、けっこうきつい状況から始まっているからなぁ。

でも、続きが読みたいし、ちゃんと終わりまでかいて欲しいという気持ちは、ものすごくあります。

アルミと花の愛のかたちを見てみたいしねぇ。


ダークワールド

猫ヶ原3

なんとなく、「ダークエルフ物語」のダークエルフの世界を思い出してしまいます。
なんか、価値観がひっくり返っているように見えながら、どっか説得力があるからかなぁ。


ダンス・ウィズ・ゴースト

SHAMAN KING-シャーマンキング-1 KC完結版

マンキンの完結版。
多分、内容的には、完全版と一緒になるのかな。マガジンに移ったので、これも、講談社からの刊行になり、KC完結版に。

こうやって、読み返すと、けっこう、アンナとかはなかなか出てこないけれど、設定としてちゃんと元からあったんだなぁと思います。扉とかに出てる。というか、イタコのアンナの方が、古いキャラなのか。という感想を、前の完全版のときにも書いてますねぇ。

そして、最初の方のこのノリも、結構好きです。


いまのすべては過去のすべて

SHAMAN KING THE SUPER STAR 1

限定版でない方のマンキン・スーパースターです。

戦争がテーマなんだけど、これって、やっぱり現在の火急の案件だからという気がものすごくする。