マガジンエッジコミックス一覧

ダンス・ウィズ・ゴースト

SHAMAN KING-シャーマンキング-1 KC完結版

マンキンの完結版。
多分、内容的には、完全版と一緒になるのかな。マガジンに移ったので、これも、講談社からの刊行になり、KC完結版に。

こうやって、読み返すと、けっこう、アンナとかはなかなか出てこないけれど、設定としてちゃんと元からあったんだなぁと思います。扉とかに出てる。というか、イタコのアンナの方が、古いキャラなのか。という感想を、前の完全版のときにも書いてますねぇ。

そして、最初の方のこのノリも、結構好きです。


いまのすべては過去のすべて

SHAMAN KING THE SUPER STAR 1

限定版でない方のマンキン・スーパースターです。

戦争がテーマなんだけど、これって、やっぱり現在の火急の案件だからという気がものすごくする。


嫌いじゃないけどもの足りない

栞せんせい、もうヤメてっ!

文学、蘊蓄マンガ。
まあ、日本の文学って、私小説が多くて、作者の実際の姿と絡んでた上で、ドロドロしていてひどいので、相性としては悪くないです。
でもちょっと、パンチは弱いかな。
それがなんでかというと、網羅的になりすぎて、ディープさが足りてない気がします。

これで、中島 敦だけとか、清少納言だけで1冊とかなら、最高だと思いませんか?



修羅の道をゆく

猫ヶ原1

修羅の道をゆく猫侍。
多分、「アホや。ついて行けん」と思うか、「カッコいい。ついて行こう」と思うかは、人それぞれ。

……。
もちろん、ついていきますとも。