ブラフ一覧

2006年 ゲーム合宿&現代玩具博物館ツアー

8月26日(土)、27日(日)の2日間、『ゆうもあ』主催の「ゲーム合宿&現代玩具博物館ツアー」に参加してきました。

これは、岡山に「現代玩具博物館」という素晴らしい博物館がありまして、そこに見学ツアーに行くついでに、1泊2日間、ゲーム三昧を楽しもうというツアーです。

そしてさらに、7月4日から12月3日まで、現代玩具博物館では、「PLAY TOGETHER! みんなで遊ぶゲーム展3」というボードゲームの紹介の展示をされていて、8月27日(日)には、「ゲームフェスティバル」というゲーム会が開催されていて、『ゆうもあ』のメンバーも、そのスタッフとしてフェスティバルに参加してきました。

今回は、ボードゲームの展示がされているということで、興味をもたれる方も多いと思いますが、それが無くても、「現代玩具博物館」は、素晴らしいところです。
わたしは、行くと帰りたくなくなります(笑)
特に、「おもちゃツアー」は、オルゴールの紹介とあわせて、必ず見ていただきたいプログラムです。

今回、わたしは土曜日の午前中に仕事が入っていて、1日目は、閉館ギリギリに到着。
いきなり、

「アカバ」 

で遊ばせてもらいました。これは、ジョルダンがまだ訳を付けていないということで、「現代玩具博物館」のスタッフの方の手作りの訳がついておりました。

夜は旅館で、午前1時ぐらいまでゲーム三昧でした。
遊んだゲームは、

「はげたかの餌食」
「はげたかの餌食」
「ゼンドー」
「サンファン」
「ゼンドー」
「タブラの狼」
「ブラフ」
「ロスマンフォス」

などなどでした。

次の日は、朝から、「ゲームフェスティバル」に参加。
遊んだゲームは、

「くるりんパニック!!」
「海賊ブラック」
「ハイパーロボット」
「海賊ブラック」
「くるりんパニック!!」

などなどでした。

インストしたゲームは、

「ゲシェンク」
「シンペイ」

などなどでした。

『ゆうもあゲーム会』名物、「大にわとりのしっぽ」とか、まだ発売前の「ブロックス・トライゴン」などのゲームも遊ばれていました。

「ゲームフェスティバル」終了後、現代玩具博物館に。
今回は、ゆっくり見学できなかったのが残念……と思っていると、なんと、閉館間際に正規の時間ではないのに、「おもちゃツアー」が!!
このおもちゃツアーが、しかも、閉館時間をちょっと延長しての熱演で、もう、大感動でした!!

また、ゆっくりと行きたいですねぇ。



2006年 3月 おてばん

3月18日。2月のおてばんに参加しました。
今回のおてばんは、「おおてばん」ということで、後半、楽しい全体ゲームがありました。

遊んだゲームは、

「ダブル・オア・ナッシング」
「ブラフ」
「セルティカ」
「ヘックメック」
「クイックスロー」
「ルーピノ」
「メイクンブレイク」
「ダブル・オア・ナッシング」
「頭脳絶好調」

でした。

「ダブル・オア・ナッシング」は、軽いおもしろいゲームです。
印象は、厳しい「ダイアモンド」みたいな感じかな。
差があきすぎると、取り返すためにドツボにはまります。

「ケルティカ」は、自分のコマがない、ちょっと不思議なスゴロクのようなゲームでした。
カードで、コマを前に動かします。
カードがあれば、必ずどれかのコマを動かさないといけなくて、たまに、自分から地獄のようなマスに突っ込んでいかなければなりません。

「クイックスロー」は、おさばん参加者の方の自作ゲームです。
ピストルを手に、決闘をする大胆なゲームでした。
練習の差が出るアクションゲームでした。

「ルーピノ」は、簡単で楽しいアクションゲームでした。
カービング?というウワサでしたが、わたしはカービングをよくしりません……。

その他は、けっこう定番なゲームです。
やっぱり、「ブラフ」、「頭脳絶好調」は、楽しいですねぇ。

「おおてばん」全体で、3位でした。
2人組で、2人の点数を合計して順位を出します。つまり、相棒がよかったのですね。

前半のゲームで、かなりポイントを稼いでいて(めずらしく、わたしも善戦だったのよ)トップだったのですが、後半の全体ゲームが、さっぱりふるいませんでした。

とくに、「ハイ、チューズ」は、前回にひき続き、今回も、獲得得点「0」という快挙でした(泣)


アクアのゲームが、そろいました!!

2日間ほど、プロバイダの障害で、このサイトが表示できなくなっていました。
無事、復活してよかったです。

さて、今まで、入手難で、この前遊んだらけっこうおもしろかったゲームを譲っていただきました。

ということで、「ゲームリスト」を更新しました。

これで、「アクア・ステップ・アップ」のコミックスに出てきたゲームは、全部そろいました。
あとは、遊ぶだけ。
遊んでいないのは、あと1つです。

ちなみに、「アクア・ステップ・アップ」に出てきたゲームは、

「エルフェンランド」
「ボーナンザ」
「スコットランドヤード」
「どきどきワクワク相性チェックゲーム」
「マンハッタン」
「ミシシッピクイーン」

「ハリウッド」
「6ニムト」
「カラバンテ」
「ブラフ」
「カルカソンヌ」

「アフリカ」
「にわとりのしっぽ」
「マスターラビリンス」
「ニューエントデッカー」
「キャント・ストップ」

「ラー」
「インコグニト」
「カヤナック」
「アンダーカバー」
「アクワイア」
「マーメイドレイン」

以上です。

まあ、本当は、2つほどは、違うといえば違うのですが、ゲームが同じなら、あんまり気にしない。


家においでよ その4 そして、乱れた夜は更けて

「ブラフ」プレイ中に、お客さんの携帯が……。
それは、なんと、近くで飲んでいた別の部署の同僚からの電話であったという。

「えー、わたしたち。わたしたちは、優雅に過ごしているよ~」

……ど、どんな会話をしているのだろう。

「場所、場所って、りんさんの家です。どこって、今、あなたたちが飲んでいるところの裏」

めちゃ近です。

「えー、来るの?」

オイオイオイ(笑)

「あの~来るって言うてはるんですが、いいでしょうか?」

同じ職場の別の部署の方たちは、4人ほどで飲まれているようです。
飲んべえさんがいて、かなり酔っぱらっている様子です。

「まあ、いいでけどね。もう、コーヒーは出ないよ~」

ということで、すぐに、なぜか2人が乱入。4人いるという話でしたが……。

「あとの2人は?」

「なんか、手ぶらでは行けんとか言って、どっかに行ったよ」

だ、大丈夫ですか??だいたい、きみたちも、家がどこにあるのか全然しらないのに、よく来れたねぇ(笑)

ブロックス・デュオ

まだ、「ブラフ」が続いていたので、せっかく来た2人におかまいができないということで、負けぬけたわたしが、2人に「ブロックス・デュオ」をオススメ。

「はい。じゃあこれ、2人でするゲーム。自分の色決めて。
 えーと、順番に自分のタイルを置いていきます。スタートは、ここです。
 後は、前に置いた自分のタイルに角でせっする様に置いていきます。辺が接するようには置けません
 ただし、相手のタイルになら、辺が接してもかまいません。
 そして、どんどん置いていったら、そのうち、置けなくなってしまいます。置けなくなったら、パスです。置ける方は、どんどん置いていきます。2人とも置けなくなったら、ゲーム終了。
 置けなかったタイルのブロックの数を数えます。残したブロックの少ない方が勝ちです」

まあ、はじめての家で、しかもいきなりおもちゃ屋さんの棚みたいなのを見せられてとまどっている2人には悪いのですが、もう、全体の雰囲気が、そんな感じになっていますので、流れにでおしていってます。

はぁ。てな感じで、はじめた2人です。

「アドバイスとしては、大きなタイルから置いていった方がいいよ~」

とか、途中で、口を挟んだりしながら、「ブラフ」と「ブロックスデュオ」の勝負の行方を見守っていました。

結構、短い時間で1プレイが終わります。
1回目は、まあ肩慣らしみたいな感じです。

「あぁ、これ、けっこうおもしろいわ。もう1回やろうか」

と、うれしい言葉も出てきて、2回戦目。

……この人、ゲーマーだ。

なんと、もう、1人の方は、相手をブロックすることしか考えてないという……。
なにが起こったかというと、1色が相手の進入口をことごとくふさいで、なんと、自分の陣地に相手をいれないまま、手詰まりまで持っていっちゃいました。

あとは、広々とした自分の陣地に、自分のタイルを置くだけという……。

いや、相手いやだろう……こっちの方は、あんまり人と争うタイプの人ではなかったようです。

2人用ブロックス、悪くないけど、やっぱりシビアや~。

そんなこんなしているうちに、ピンポーンとチャイムがなって、あとの2人もやってきました。
ぐでんぐでんの酔っぱらい。

「来たよ~。おみやげ持ってきたよ~」

「ありがとうございます」

「はい。チーズバーガー12個と餃子12人前!!」

えーと、それ売っている店は、飲んでいた店をはさんでゲームハウスとまったく逆の方向にあるのですが……そして、わざわざ、……。
えーと、ここにいるみんな、晩ご飯食べた後だと思うのですが……。

そして、そろそろ主婦の方たちが帰らなければならないということで、おひらきに。
主婦は車で帰って、酔っぱらいたちは、近くの飲み屋さんに。

ねぇさんが、ちょっと行きたそうにしていたのは、内緒の話です。

その後、なんか朝の4時半まで飲んでたそうな。