ブラフ一覧

あしたのために

明日から、ゆうもあの合宿です。
2泊3日で、ゲームを遊び倒します。うちは、4日、5日の2日間だけの参加ですが……。

ということで、持っていくゲームをチョイス。

今回のテーマは、「ドイツ年間ゲーム大賞」。
で、家にあるものから、「ドイツ年間ゲーム大賞」受賞ゲームをピックアップ。

ウサギとハリネズミ(1979年)
ラミィキューブ(1980年)
スコットランドヤード(1983年)
アンダーカバー(1986年)
バルバロッサ(1988年)
カフェ・インターナショナル(1989年)
貴族のつとめ(1990年)
ドルンタードルーバー(1991年)
ブラフ(1993年)
マンハッタン(1994年)
カタンの開拓者たち(1995年)
ミシシッピークィーン(1997年)
エルフェンランド(1998年)
カルカソンヌ(2001年)
ヴィラ・パレッティ(2002年)
アルハンブラ(2003年)
乗車券(2004年)
ナイアガラ(2005年)

今まで、1979年から始まって2006年までで、28個のドイツ年間ゲーム賞のゲームがあって、そのうちあるのは、18個ですね。
10個もない。
うーん、集められるだけ集めたいですねぇ(明日だけど…)。

それから、この前遊んでおもしろかった、「大聖堂」と「エレメンツ」も、欲しいですねぇ(明日だけど…)。

ということで、朝から、行ってきました「パティクローバー」。

棚が前回から、より見やすく整理されていました。

まずは、「大聖堂」と「エレメンツ」。これは、行く前からの決定事項。

問題のドイツ年間ゲーム賞のゲームは、「郵便馬車」と「エル・グランデ」がありました。これも、両方、いっとく?

「えーと、お値段を確認……」

で、「エル・グランデ」のお値段を見て、開きかけていたおサイフの口が、キュッと閉じました(笑)

「えー、どうしよう」

「じゃあ、三択、『郵便馬車』か、『エル・グランデ』か、『カエルの飛び込み大会』のどれか」

「いや、『カエル』はいらんでしょう」

などという会話があって、結局、今回は、『郵便馬車』を。

そして、パティクローバーさんのオリジナルアイテムのついている「くいずです」を発見。このお店ならではということで、このゲームも、購入しました。

ということで、「ゲームリスト」を更新しました。

やっぱり、お店で見て買うっていうのは、いいですねぇ。
1時間ぐらいの距離にお店があるって、素敵です。

あと、ドイツ年間ゲーム大賞のゲームで、ないものは、

フォーカス(1981年)
ザーガランド(1982年)
ダンプフロス(1984年)
シャーロック・ホームズ 10の怪事件(1985年)
アウフ・アクセ(1987年)
サイクル・レース(1992年)
エル・グランデ(1996年)
ティカル(1999年)
トーレス(2000年)

です。
まあ、復刻版とかでもいいので、いつか集まるのでしょうか?
「シャーロック・ホームズ」とかは、難しいでしょうねぇ。「ザーガランド」は、あんまり好きなゲームではないし……。


パティクローバー 後編 きっかけのお店

さて、店内です。

奥から店長さんが出てくるのは、ちょっと、町の駄菓子屋さんなんかを彷彿させます。でも、これも、アットホームな感じでよいと思います。

店内は、スペース的には、かなり狭いです。
でも、レイアウトはかなり考えられていて、無理していろんなものをつめこんであるという感じではありません。
それどころか、なんと、カルカソンヌや、ガイスターなんかは、実際に箱から出して、コマやタイルがレイアウトされていています。

よくぞ、ここまで!!

こういうレイアウトは、いいなぁとは思いますが、商品を1つ潰してしなければならないので、かなり大変そうです。
ぱふなど、木のおもちゃ屋さんでは、遊べる見本をだしているところもありますが、ボードゲーム専門店でコレをしているのは、「メビウス ゲームス」と「すごろく屋」しか知りません。

ねぇさんが、店長さんに聞くと、

「いえ、出来るだけ自分のもともと持っているものを使ってやっているんです」

とのこと。
なかなか大変そうです。

ゲームも、独自に紹介をつけられていて、はじめてボードゲームにふれる地域の方への配慮も、かなりしっかりしている様子です。

唯一残念だったのが、実際にボードゲームを広げてみて、説明できる場所がなさそうなところです。それは、スペース的なことからもしかたないですねぇ。
まあ、ボードゲームを広げてしまうと、また、売り物にならないものが増えてしまいますし。
これは、店長さんのボードゲームに対する熱い語りでルールを説明してクリアしていってもらわないと。

さて、気になる品揃えですが、メビウス訳のゲームが中心です。あと、メビウスでは扱っていないホビージャパンのゲームなども、チラホラありました。

「カルカソンヌ」や、「ゴキブリポーカー」、「ニムト」、「ブラフ」などなどの定番から、「大聖堂」、「手荷物検査」などの最新作まで、店長のオススメのゲームが、セレクトされて置いてありました。

来店記念に、なにか買おう!

「『大聖堂』は、買わないの?」

「いや、長いらしいで。2、3時間ぐらいとか。やる機会があるかなぁ」

「うーん、じゃあ、1回遊んでから考える…」

「『手荷物検査』は、おもしろかったんちゃうの?」

「あれはね、缶の箱がいいのよ。でも、あの缶の箱だけで、6000円はねぇ……」

「カードゲームですからねぇ」

と、最後のセリフは店長さん。
いいのか?そこは、缶の箱のすばらしさを力説して、購入させるべきところ。しかも、ねぇさんは、アイテムに弱いというのに(笑)

で、結局、選んだ1つは、2人とも遊んだことがない「王への請願」と……。

「あっ、これは!」

とねぇさんが、妙に和のテイストの入ったゲームを発見。
なんか、イレギュラーな大きさの箱に、戦国武将のような絵がかいてあります。日本のゲームです。

「『二四棋』?」

どうやら、ボードがけっこう大きいみたいです。そのボードが、いい材質のものではないかと惹かれている様子。

「おもしろいの?」

「なんか、どこかで聞いたことない?」

聞いたことあるような気も微妙に。メビウスママさんか、メビウスおやじさんのブログかな?1
おもしろいのか?持ってるだけで、笑える?(笑)

「こっちは、2人用の『二四棋』です」

同じ棚には、カードゲームサイズのというか、カードだけが入っている廉価版の「二四棋 小伝」というゲームがありました。
箱には、テプラで、手作りの値札とゲームの情報が。

「2人用 中級カードゲーム」

「これにしよう!」

「ええっ!」

今、どういう思考回路の流れで、このゲームが選ばれたのだ?

ということで、2つのゲームをゲットして、パティクローバーを後にしました。

少しずつ、ボードゲームのお店が増えるのは、ボードゲームファンとして、とっても嬉しいです。
特に、地元の滋賀ということで、これからも、末永くおつきあいしていきたいと思っています。

人と人の出会いや、結びつきをつくる「きっかけ」のお店であって欲しいですね。

がんばれ!パティクローバー!!

  1. メビウスおやじさんのブログでした。 []

1月 第22回 ゆうもあゲーム会・京都

1月7日(日)には、ゆうもあゲーム会・京都に参加しました。

11月は、家庭の事情で参加できなかったので、1回あいて久し振りのゆうもあゲーム会・京都です。

遊んだゲームは、

「クラウド9」
「ダイヤモンド」×2
「ウボンゴ」
「ドクター・シュリュッセルバルト」
「ノイ」×2
「ドラゴンの宝」×2
「ゲシェンク」×4
「ドクロと宝箱」×2
「テンプテーション」
「おしい!」

前日、わにの子家と遊んだゲームとけっこうかぶっています。
こうやって、連日で遊ぶと、インストが少しスムーズになっていく気がします。

「おしい!」は、名人技を見せてもらいました。
えー、適当に取ってるだけとちゃうの~。
というスピードでした。

「ドクター・シュリュッセルバルト」は、オススメしやすいゲームです。

「テンプテーション」は、個人的に最近はやり。ブラフの方がおもしろいと思うのですが、ルールは、こっちの方が簡単な気がします。


2006年 11月 おてばん

11月18日(土)、おてぱんに参加してきました。

この日の見所は、あの大きなゲーム「海賊船」でした。

「デカい」

このひと言に、このゲームの凄さは集約されていると思います。
本当に、いろいろとありがとうございました。

さて、遊んだゲームは、

「タルバ」
「海賊船」
「ブラフ」
「それ何やねん」
「イースター島」
「インフェルノ」
「ビンバド」
「乗車券 メルクリン」
「海賊組合」
「ことば博士」

などなどでした。

今回遊んだゲームは、全部、レベルが高かった気がする。
時間的にも、ちょうどいいぐらいのゲームで、満足度は高かったです。

「タルバ」は、いろいろな作戦がとれて、やっぱりいいですねぇ。

「それ何やねん」は、あやしいコミュニケーションゲームです。コンポーネントに笑います。

「イースター島」、「海賊組合」は、気になっていたゲームで遊べてよかったです。どっても、子どもとも遊んでみたくなるゲームです。「海賊組合」の方は、テーマがちょっとアレですが……。モアイが走るのも、ちょっとアレか(笑)

「乗車券 メルクリン」は、痺れるプレーを見せてもらいました。すごい。メルクリンの可能性ってこんなにすごいのかというのを見せつけられました。

「ビンバド」は、今回、個人的に1番うけたゲームでした。いや、みんなどこかで、絶対、1回は見たことあるゲームだと思うし、こんなに笑うゲームでは、絶対にないと思うのですが……。
一緒に、ゲームをしていただいた方々には、ご迷惑をおかけしてしまったかもしれません。

「ことば博士」は、まだまだ、隠れた遊べるゲームがあるのだなぁと。日々、勉強だ。


9月 第20回 ゆうもあゲーム会・京都

きのう、9月18日(月)「ゆうもあゲーム会・京都」に参加してきました。

京都は、すごいですよ。
今回は、参加者が、130人弱!!!

あの会場じゃなければ、入りきれないほどのすごい人でした。
うーん、ボードゲームは、求められている??

以下、遊んだゲームです。

「くるりんパニック」
「ノイ」
「スティッキー」
「カメレオン」
「ピット」
「将棋」
「彦根カロム」
「ブラフ」
「おしい」

インストしたゲームは、

「スティッキー」
「ウボンゴ」
「ジャスト・フォ・ファン」
「カルカソンヌ」

でした。

「くるりんパニック」は、中毒性があるので、すぐに5回とか、10回とかしてしまいます。
今回みたいに、人がいっぱいいるときは、インストいらずで、とっても便利でした。
2つあったのに、ちょっと順番待ちがおこっていましたが。

「カメレオン」は、コクヨの出したゲームです。
知育ゲームみたいな感じで売るみたいです。外国のアブストラクトゲームの翻訳のようです。

「おしい」は、ハバ社のゲームです。
「動物さがし」ににているけれど、あれほどウンウンうなるゲームでないところがけっこうよかったです。
ゆうもあ用に1つあってもいいなぁ。

「ウボンゴ」は、本当にいつも、大人にも、子どもにも、ウケがいいです。
わたしのここ最近のベストゲームです。

「カルカソンヌ」は、インストしていると、

「おもしろそう。久し振りに、やってみたい」

という気持ちがわいてきました。
場所をとったりするので、なかなか、遊べないんですよねぇ。

草津で、人がこんなにきたら、メチャクチャこまります……