フルーツバンディッツ一覧

ボードゲームにおけるマンチキンについて

以前に遊んだ、以下のゲームの評価を書きました。

「ドクター・シュリュッセルバルト」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4751

「エコノス」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4747

「マンチキン日本語版」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4748

「ゼロの恐怖」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4749

「ラストチャンス」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4750

「フルーツバンディッツ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4755

「フィガロ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=4754

「ドクター・シュリュッセルバルト」は、けっこうオススメです。子どもと遊べそうな感じです。

あと、「マンチキン日本語版」は、個人的にツボ。よくぞ日本語にしてくれました。


三連休のまん中ゲーム会

きのうは、三連休の中日ということで、友人宅で3人でゲーム会でした。
遊んだのは、

「ドクター・シュリュッセルバルト」
「エコノス」
「マンチキン日本語版」
「ゼロの恐怖」
「ラストチャンス」
「フルーツバンディッツ」
「フィガロ」

でした。

「マンチキン」と「エコノス」が、けっこう面白かったです。

「ゼロの恐怖」は、微妙な感じでした。

「フルーツバンディッツ」は、じゃんけんな感じでした。3人だったので、人数が多い方が面白かったかも。

「フィガロ」は、最後にボーナスがあるのに気がつかなくて遊んでいたみたいです。
グルグルまわるカードが、けっこう凶悪に思えましたが、カードの枚数が決まっているので、見えてくると、なかなかジレンマで面白かったです。

「ドクター・シュリュッセバルト」は、なかなか雰囲気のいい子どもゲームでした。『ゆうもあ』にいいかも。