パーマン一覧

けっこう、社会派

エスパー魔美2 藤子・F・不二雄大全集

けっこう、取り扱っている内容が社会派です。
それでいて、正体は、パーマンみたいに隠す必要がないので、けっこう素顔見られてます。これは、かなり不用意なのではと思うぐらい見られてます。

魔美モデルの絵だってあるんだから、これは、けっこうあぶないなぁと思いながらも、おおらかな時代だったんだなぁとうらやましかったりもします。


なんか、SFっぽいのもある

パーマン4 藤子・F・不二雄大全集

ネタ、いろいろあるなぁ。

今回は、コピーロボットのネタが面白かったです。
どこまで、コピーできるか?けっこう、SF的な発想だと思ったり。イヤになったら、自分で自分の鼻押すって、おい(笑)


有名人

パーマン3 藤子・F・不二雄大全集

「パーマン」も、いろんなところで連載されているのですね。
でも、ストーリーの持っていきかたは、けっこう、他の雑誌や連載、テレビ(?)の設定をしっていることが前提みたいです。

この作り方だったら、「小学2年生」編とかにわけずに、時間順にならべてもよかった気がします。


正義の心

パーマン2 藤子・F・不二雄大全集

若干、スーパーマンの持っている銃の設定が、覚えているのと違う気が。
ブービーなんて、動物になっても困らないだろう……。

わたしの世代は、パーぼうは、あんまり知らないです。

闇夜で悲鳴が聞こえれば、押っ取り刀で駆けつける。
普段は怠け者であっても、その気持ちが正しいのだというメッセージは、生きている人への応援歌です。


ぼくらの隣人

パーマン1 藤子・F・不二雄大全集

あらためて思ったことは、「スパイダーマン」に出会う前に、もう、「パーマン」にあっていたんだなぁということ。
スーパーヒーローは、その頃にもいっぱいいて、それでも、ぼくらと等身大のヒーローっていうのは、パーマンでした。

コスチュームを着なくても、もちろん、仮面ライダーにも、ウルトラマンになれたぼくたちですが、赤いマントをはおるだけのパーマンは、その中でも、1番、ぼくたちに近かった気がします。