読書,魔夜峰央パタリロ,パタリロ!,白泉社,白泉社文庫,魔夜 峰央

パタリロ!選集45

ここまでくると、もう、なにやっても安定な感じですねぇ。

でも、この安定感というのは、実は維持していくのは、結構難しいんじゃないかと思います。
作者が1番にあきちゃったり、もっとやれるとおもって暴走しちゃうと、そこで終わってしまいます。

本当に、よく続いています。

読書,魔夜峰央パタリロ,パタリロ源氏物語!,パタリロ西遊記!,源氏物語,白泉社,白泉社文庫,西遊記,魔夜 峰央

パタリロ西遊記!5

あぁ、「パタリロ源氏物語!」だけでなくて、こっちも、途中で終わっているんだ。
外伝って、なんだよ!!

しかし、こうやって見てみると、「パタリロ源氏物語!」も、「パタリロ西遊記!」も、作者が意図したところで終わっている様な気もしないではない。

特に西遊記は、後半、けっこうグダグダみたいだからなぁ。

読書,魔夜峰央パタリロ,パタリロ西遊記!,白泉社,白泉社文庫,西遊記,魔夜 峰央

パタリロ西遊記!4

この世界では、パタリロよりもマライヒが名探偵みたいです。

密室殺人とか、嬉々として推理している三蔵法師が、楽しいです。

読書,魔夜峰央パタリロ,パタリロ西遊記!,白泉社,白泉社文庫,西遊記,魔夜 峰央

パタリロ西遊記!3

けっこう、お師匠の見てないところではやりたい放題で、笑わせてくれます。
小ネタも、好きです。けっこう、使える小ネタが多いと思うのですが(笑)

平岩弓枝,読書パタリロ,パタリロ西遊記!,マンガ,下流志向,子ども,平岩 弓枝,文春文庫,文藝春秋,西遊記

西遊記1

「パタリロ西遊記!」と並行して読んでいるので、ときどき、内容がかさなったりします。

でも、こっちは、メチャクチャ爽やかな「西遊記」です。

今まで、子ども用から、マンガまで、いろんな「西遊記」にふれてきましたが、こんなに爽やかなのは、はじめてかも。

これ読んでいると、なぜか、「下流志向」で出てきた、師匠のありかたについてを思い出して、けっこう頷けるんです。