ニーベルングの指輪一覧

時間は夢を…

キャプテンハーロック 次元航海3

ゼロまで、出てきた。
ヤマト、まほろばまで内包していく話になっていくのかなぁと、けっこう、ワクワクが止まりません。

そして、松本 零士自身の「ニーベルングの指輪」の続きが読みたい。


大宇宙の大ロマン

キャプテンハーロック 次元航海2

良いリメイク。素晴らしい。
そして、松本 零士本人は、「ニーベルングの指輪」を完結させて欲しい。もしくは、それさえも、この物語に入れ込んで欲しい。


時の輪の接するところ

幻想新幹線0 1

時の輪。
1番遠いところが、1番近い。
「ニーベルングの指輪」あたりから、今までのすべての松本宇宙をつなげていきながら、この世界の上には、さらに階層的に何重にも世界があることを示し続けています。

新しい「銀河鉄道999」しかり、「新・宇宙戦艦ヤマト」しかり、そして、その流れの上に、この「幻想新幹線0」もあります。

わたしの覚えている限り、コスモドラグーン戦士の銃は、はじめから4つあって、ハーロックが1丁、エメラルダス1丁、トチローが2丁もっている。で、その2丁のうち1丁を鉄郎がもっている。
たしか、トチローのお母さんのからもらった。で、その鉄郎がもっているシリアルナンバーが4だったような……。そして、「999」に乗って旅をしていた未来の少年も、たしか、同じシリアルナンバーがついていたような気がします。
でも、これはもしかすると映画の「999」の設定だったかも。
0のシリアルナンバーは、初めて見た気がします。

この主人公の地球も、わたしたちの地峡と同じ地球かどうかはわからないと何回も強調されています。
じゃあ、パラレルワールドとかでいいじゃんと思うけれど、松本 零士の中では、どこかつながっているんだろうなぁと思います。

ちょっと、その思いが、これまで以上に暴走していて、読者置いてけぼりな感じもあります。
でも、自分勝手というよりも、強烈な義務感に駆られている感じがするんですよねぇ。
でも、どこまでもついて行くのです。わたしたちは。

というか、いろんな物語の続きを読みたいです。「999」も、「ニーベルング」も、「わが青春のアルカディア」も。
どこかで、集結して、収束していってもいいから。


松本 零士の最高傑作

クイーンエメラルダス1

松本 零士のかくキャラクターのなかで、誰が1番好きかというと、大山 トチローが大好きなんです。
ということで、大山 トチローの永遠の恋人・エメラルダスの物語「クイーンエメラルダス」は、わたしにとっては、松本 零士の最高傑作の1つだと思います。

もっとも、この1巻目には、トチローのトの字も出てこないんですけどね。

さらに、多分、エメラルダスがさがしているものって、トチローの消息だと思うのですが、どうして、

「わたしがさがしもとめているものがなにかを知ったら…海野広は、わたしを殺そうとするだろう」

なのか、まったく意味がわかりませんが(笑)

うーん、エメラルダのお話は、この「クイーンエメラルダス」というお話だけで閉じているのではなくて、「宇宙海賊キャプテンハーロック」や、「ニーベルングの指輪」、「銀河鉄道999」などの中で何度も語られる、お互いに細かいところは矛盾していたりする物語全部を含んでおもしろいのです。

スターシステムを使ってかいているマンガ家ってけっこういるのですが、こうやって、どの作品も、結びついていないようで結びついている作風っていうのは、松本 零士ならではだと思います。