デーモン聖典一覧

人と一緒に病んでいく

ヴァムピール5

ヴァムピール自体が、人が存在しないと存在できないものです。
そのあたりのどこから来たのかという謎が、けっこう面白いな。

「デーモン聖典」とにた設定でもあるのですが、関わり方が、人間の内面をえぐるみたいなお話が多いです。
今回は、そういう意味で心理的な怖さは少なめですね。


新しい「生」

ヴァムピール4

「デーモン聖典」と同じく、けっこう微妙なところをついてくるなぁと。
死よりは、こっちを受け入れてしまうかもしれません。

まったくの別人格ではなくて、どこかミックスというところに、望みをかけてしまいそうです。


ハニー・フラッシュ!

デーモン聖典11

「デーモン聖典」、これにて完結です。

はっきりいって、赤龍、ちょっとかわいそすぎです。純情と言ってもいい。

でも、「恋人は守護霊」とかでもあったのですが、確かに、運命の恋人の魂が転生したとして、転生した相手が、本当に運命の恋人かどうかはわからない。
魂は同じでも、それぞれの「運命」は、やっぱり違ってくるだろうから……。

しかし、自分の姿を変えて見せることができるんだったら、成長した姿ではなくて、別の人間の姿を上がきさせてみせればよかったのに……。

とか思うのは、デーモンにはない、人間の狡さなのかもしれませんねぇ。


嫉妬の目

デーモン聖典10

忍のデーモンが、レットドラゴンだとすると、あのりなを見ている目は、嫉妬の目ですね。

レットドラゴン、勝ち目なさそうだな……。


これは、続けて読みたかった…

デーモン聖典9

いきなりの展開。
前読んだのは4月か~。半年以上間があいてしまった。

これはでも、8巻、9巻と続けて読ませるところだよなぁ。

半年あくと、すっかり前の展開を忘れてしまっているわたし……。

でも、急展開で、おもしろいです。