永井豪,読書ダイナミックプロ,デビルマン,マジンガーZ,リアル,日本文芸社,永井 豪,激マン!,激マン!マジンガーZ編,NICHIBUN COMICS

激マン!マジンガーZ編3

なんというか、このノリノリの「マジンガーZ」と、重たい感じも多かった「デビルマン」が同時期に連載されていたというのを目の当たりにすると、やっぱり天才としかいいようがないです。
「マジンガー」やっていたら、「デビルマン」に戻れなくなったというのも、リアルなんだろうなぁと。

永井豪,読書ダイナミックプロ,デビルマン,ハルマゲドン,ビッグ コミックス,ビッグ コミックス スペシャル,マンガ,小学館,幻魔大戦,永井 豪

デビルマン5 画業50周年愛蔵版

わたしが、1番最初にふれたハルマゲドンって、これだったのかなぁと。
「幻魔大戦」は多分、後だしねぇ。

多分、このマンガに出会ったことで人生は変わっていると思います。どうかわったかは、神ならざる身なのでわからないですが。
でも、出会えてよかったと思えるマンガの1つです。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,デビルマン,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,化物語,大暮 維人,集英社

バイ オーグ・トリニティ3

話は、はるかに「化物語」の方が面白いのですが、絵的にはこっちの方がかっこいいですね。
なんか、いろんなものが融合している感じが、今時のデビルマンというかなんというか。

永井豪,読書ダイナミックプロ,デビルマン,ビッグ コミックス,ビッグ コミックス スペシャル,小学館,歴史

デビルマン4 画業50周年愛蔵版

前半のジンメンとこのゼノンの宣戦布告からの後半戦が、デビルマンの真骨頂だと思います。

もう、名シーン、目白押しです。
歴史に残る名作。

永井豪,読書ダイナミックプロ,デビルマン,ビッグ コミックス,ビッグ コミックス スペシャル,小学館,永井 豪

デビルマン3 画業50周年愛蔵版

絵柄が急に変わること自体は、それほど抵抗ないのですが、ここに「新デビルマン」をぶっ込んでくるのは、ちょっと間延びするよなぁと思ってしまいます。「ジンメン」のトラウマは、早い方がいいと思います。
そして、ここにぶっ込むことで、「新デビルマン」のエピソード自体も、消えてしまう話も出て来ているからなぁ。ニケの話とかは、けっこう好きなんですが、それこそ、ここに入れたら間延びします。