アダム・グラス,アントニー・ジョンストン,アーチー・グットウェン,エリック・カネーテ,シーン・チェン,ジョン・アルカディ,ジョージ・タスカ,トッド・ノック,ペペ・ララズ,マイク・ベンソンAdam Glass,Andrew Hodges,Antony Johnston,Archie Goodwin,Dalibor Talajic,Eric Cante,George Tuska,John Arcudi,Mike Benson,Pepe Larraz

ルーク・ケイジ 無慈悲の街

シビル・ウォー前ぐらいに、ニューアベンジャーに加入してきたときは、誰コレ?と思ってました。
まあ、二流の街のヒーローぐらいの認識。まあ、スパイダーマン、デアデビルみたいな町内のヒーローだけどあんまし有名じゃない人みたいな。

けど、ジェシカ・ジョーンズを読んだり、その後のシビル・ウォー、その続きを読んでいると、実はけっこう大人な人だというのがわかります。
ハート的には、ウルヴァリンと被るような、自分なりの正義を貫く感じとかが好きです。

ということで、あんまり知らないルーク・ケイジのことが、良くわかる1冊。

タフだから殴って解決という単純さも、良い味出していて、それでいて、パニッシャーやウルヴィーみたいに残酷にはなりきれないという魅力があります。
Netflixのマーベルのドラマって、まだ見ることが出来るのかな。

ダリバー・タラジッチ,Dalibor Talajic,
エリック・カネーテ,Eric Cante,
ペペ・ララズ,Pepe Larraz,
ショーン・チェン,Sean Chen,
トッド・ノック,Tood Nauck,
ジョージ・タスカ,George Tuska,
アダム・グラス,Adam Glass,
マイク・ベンソン,Mike Benson,
ジョン・アルカディ,John Arcudi,
アントニー・ジョンストン,Antony Johnston,
ワイアット・セナック,Wyatt Cenac,
アーチー・グットウェン,Archie Goodwin,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2016-09-28

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,堺三保,読書Jeph Loeb,Tim Sale,あ・そ・ぼ,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,デアデビル,小学館,小学館集英社プロダクション,映画

デアデビル ブルー

色シリーズとでもいうのかな。
「あ・そ・ぼ」では、「スパイダーマン ブルー」の感想を書いています。

さて、それの「デアデビル」版です。
「デアデビル」は、映画を1本見たのと、暗くて思いコミックスを数冊読んだだけで、思い入れがけっこうないんですよねぇ。
話の構造自体は、「スパイダーマン ブルー」と同じ感じで、いい話なんですが、スパイダーマンのときみたいに大泣きはしないです。というか、あんまりにも、「スパイダーマン ブルー」と同じ話すぎるのかも。

でも、このちょっと古いアメコミの感じは好きです。

ティム・セイル,Tim Sale,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2016-06-22

デビッド・ラッファン,読書David Rapham,デアデビル,デビッド・ラッファン,パニッシャー,ヴィレッジブックス,秋友 克也,MARVEL

デアデビル VS パニッシャー

この2人は、そんなに対立するほどではないんではとおもったりしますが。
なんかこの手の対立があると、いつも「悪」であるはずのパニッシャーの方が苦労している感じがあっておもしろいです。

ジョン・ロミータ・Jr.,フランク・ミラー,秋友克也,読書Frank Miller,John Romita Jr.,ジョン・ロミータ・Jr.,デアデビル,フランク・ミラー,ヴィレッジブックス,秋友 克也,MARVEL

デアデビル マン・ウィズアウト・フィアー

「ボーン・アゲイン」に比べたら、大分、読みやすかった気がします。
マット・マードックがけっこう若いというのも、関係あるかも。

エレクトラって、映画で見ているはずだけどあんまり印象に残っていないなぁ。こんなスーパーパワー持った悪者でしたっけ?
でも、けっこう中2的なんだけれど、格好良くっていいと思います。

エド・ブルベイカー,デビッド・アジャ,マット・フラクション,中沢俊介,読書David Aja,ed brubaker,Matt Fraction,アイアンフィスト,インモータル・アイアンフィスト,エド・ブルベイカー,シビル・ウォー,デアデビル,デイビット・アジャ,マット・フラクション

インモータル・アイアンフィスト

マーベルが、カンフーブームのときにつくったヒーローということで、あんまり期待せずに読んだけれど、けっこう良かった。
まあ、基本的にわたしがアチョーっていう話が好きということはあると思います。

あと、シビル・ウォーの影響で、お話が渋くなっているというのはあるかもしれません。「デアデビル」とか、「ウィンターソルジャー」のちょっと重い路線だけども、重すぎないです。