読書,CLAMPツバサ,秘密,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ19

未来を変えるために。
サクラの無理の意味。ファイの秘密がだんだんあきらかになる19巻。

変えられない未来ならば、見える意味はない?
ならば、予言は当たらないためにある?

でも、未来をゆがめることで、さらにひどい未来を選び取ってしまうこともあるかもしれない。

読書,CLAMPツバサ,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ18

なかなか、辛い展開です。
さくらと小狼。
特に、本体小狼は、はじめっからこうなりそうなことを変わっていた節があります。

「敵」の思惑も見えてきて、でも多分、CLAMPだから、悪いことをしていても、思いは純粋なんだろうなぁと……。

読書,CLAMP×××HOLiC,ツバサ,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ17

誰かを助けるためにも、覚悟がいる。
それは、自分や他の誰かを傷つける覚悟かもしれない。

「×××HOLiC」とテーマ的にも、ものすごくリンクしてきている感じがします。

読書,CLAMP×××HOLiC,ツバサ,講談社,CLAMP,KCDX

×××HOLiC10

連動しているだけに、「ツバサ」も「×××HOLiC」も、同時にどんどん深刻な方へと向かっていきますねぇ。

わかっちやいたけれど、ひまわりちゃんが辛いです。
だからと言って、自分に好意を持ってくれる人を遠ざけられるほど強くない。

でも、その不幸の代価が自分だけではなくて、周りの人も背負わされてしまうような種類のものだったら……と思うと、ゾッとする。

そして、ただ不幸にならずに一緒にいる。それだのことの大切さ。奇蹟を思う。

読書,CLAMPツバサ,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ16

消えたので、書き直しです。

二人の小狼が激突する。

今まで一緒にいた小狼が、飛王・リードの作り物ということでいいのかな。
でも、心はけっこう同じ?

なんか、けっこうお話のがみえてきた感じですねぇ。そして、悲劇の匂いしかしないという。