あだち充,読書あだち 充,ゲッサン少年サンデーコミックス,タッチ,小学館,MIX

MIX10

上杉 達也登場。
なんか、めっちゃ小さいけどね。

世代を超えて。これも、「タッチ」なのかもしれない。

あだち充,読書あだち 充,ゲッサン少年サンデーコミックス,タッチ,小学館,MIX

MIX9

「タッチ」の明青学園ということで注目を浴びている部分はあるのですが、単体のお話としても充分に面白いと思います。
まあ、今の達也や南ちゃんを見てみたい気持ちはあるけれど。見るとまあ、ショックをうけるかもしれないし(笑)

「南は出てこないのかな~」(日高 のり子の声で)

実は、もう出てたりして。

あだち充,読書あだち 充,タッチ,小学館,少年サンデーコミックス,MIX

MIX8

西村・父が、けっこう格好いいのですが。まあ、未練たらたらな感じもないことはないか。

わたし含めて、みんな「タッチ」が大好きで、すぐに、タッチとの関わりを探したくなりがちですが、そういう感じで読まなくても充分面白いと思います。

島本和彦,読書みゆき,アオイホノオ,タッチ,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ11

ドラマ、こっちではやらないのか。
それが、ちょっと残念。大阪の話なのに……。

「タッチ」は、タッちゃんが主人公だから、「タッチ」だとわたしも信じていましたよ。

そして、始まって「みゆき」が終わったときは、なんで、「タッチ」が続いて「みゆき」が終わるのかなぁとすごく理不尽さを感じていました。
あの後、あんな展開になるなんて、だれも思ってなかったからなぁ。
あだち充、天才。

島本和彦,読書みゆき,アオイホノオ,タッチ,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ10

超名作「タッチ」の連載スタート。
これのせいで、「みゆき」が終了になったのは、ちょっと惜しい気もします。

しかし、後出しじゃんけんなところもたまにはあるのだけれど、この初めて読んだときの感想や衝撃を、ここまで鮮明に覚えているというのは、やっぱり作家はすごいなぁと思います。

これが薄れないから、お話がかけるんだろうなぅ。

そして、ついにダイコン・オープニング・アニメです。