椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,マンガ,椎橋 寛,集英社

ぬらりひょんの孫25

最終巻。
あぁ、こっちの方は赦すのね。まあ、あやかしにはあやかしの人とは違う倫理があります。それは多分、マンガではなかなかかききれないところ。
まあ、「幽遊白書」でもかかれていたかなぁ。

そして、リクオが選ぶのは……。
いや、選んだんでなくて、思春期に入っただけという解釈の仕方もあるかも(笑)

武井宏之,読書ジャンプ・コミックス,ユンボル,ユンボル-JUMBOR-,武井 宏之,集英社

ユンボル-JUMBOR-2

今までの「ユンボル」比べると、いろいろ伏線の張り方が緻密になっている感じはしますよね。
以前の物語だと、姫以外の因縁がちょっと弱かったというか、あんまりなかったから。まあ、因縁話をするまでに終了しちゃったというのはあるかもしれませんが。

単純に、重機ロボ、かっこいいです。

荒木飛呂彦,読書ジャンプ・コミックス,ホラー,岸辺露伴は動かない,荒木 飛呂彦,集英社

岸辺露伴は動かない

アニメ版の「ジョジョ」を見ています。岸辺 露伴は、まだまだ出てこないけれど。

「ジョジョ」みたいな派手な話ではなくて、ちょっとホラーなお話です。そして、狂言まわしとしての岸辺 露伴が、とっても良い感じでした。

グッチ、これでいいのか?
おもしろいな。

奥浩哉,読書ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,奥 浩哉,集英社,HEN

HEN6 Dark

キャラクターとシチュエーションだけあって、うまく転がしているように見えるんですが、かなり計算してやってますよねぇ。
前の「変」をどのあたりまで覚えているのかっていうところまで、計算されている気がします。

そして、ファイティングバイパース。この頃かぁ。懐かしい。しかも、初代ですよねぇ。わたしも、大好きでした。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,リアル,同級生,大暮 維人,舞城 王太郎,集英社

バイ オーグ・トリニティ9

ん?
元々、訳わからん話だったけど、ここに来て情報量が増えてないか?

40年前?
同級生?

リアル世界では、なにがあった?