ジパング一覧

あれは7年前

ジパング22

けっこう、前まではつめて読んでいたのですが、間があいてしまって7年ぶりの続きです。
もう、前の話忘れてるっていう……。そんなのが多くなっているなぁ。

それでも、なんとなく話はわかるし、おもしろいし、うまいんだと思います。


ファブ・フォー

僕はビートルズ3

硬派な話ではないけれど、「ジパング」と同じ問いかけが根底にあるのがおもしろいなぁと思います。

でも、フェイクは、フェイクです。それ以上には、なれないのでは?


フェイク

僕はビートルズ2

レイも、この時代に跳ばされていたみたいです。

うーん、時代の違いみたいなのは、肌で感じることはできないのですが、データを積み上げてリアルに伝えてくれる感じは、ちょっと、広瀬 隆の小説に似ていると思います。

しかし、かわぐち かいじ、原作つきとはいえ、かくの早いなぁ。「ジパング」規模の連載が終わったら、ちょっと休憩するマンガ家も多いのに。
古いタイプのパワフルな人なのかと思います。


タイムスリップ

僕はビートルズ1

まだ、途中までしか読めてない「ジパング」の次に始まった連載だと思います。

かわぐち かいじ、また、タイムスリップネタかよと思ったけれど、原作つきでした。

今までの硬派なイメージからは、ちょっと離れた感じです。「アクター」っぽい雰囲気があってけっこう好きかも。
まあ、わたしにこの時代に対するノスタルジーがないので、それがどう作用するかは、微妙なところがあります。今のところは、いい感じです。


すでに、位置を見失っているかも

ジパング 羅針盤2 解読・マリアナ決戦編

まだ、このマリアナ決戦編まで、本編を読み進めていないな。
「太陽の黙示録」の方が、一段落ついたので、読み進めるか。

イ・ヒュンソクだけ、微妙にずれていると思った……。