石ノ森章太郎,読書サイボーグ009,石ノ森 章太郎,秋田文庫,秋田書店

サイボーグ009 10

「地下帝国ヨミ編」のパート2にして完結編。
これで、サイボーグ009自体も一旦完結した感じだったのですね。これは、なんというかかっこいい終わり方です。

石ノ森章太郎,読書サイボーグ009,子ども,戦争,石ノ森 章太郎,秋田文庫,秋田書店

サイボーグ009 9

「地下帝国ヨミ編」のパート1。
子どもの頃から、なんで元不良の犯罪者だったジョーが、こんなに正義感が強いのかとか、なんで、この鑑別所にいたという設定がついているのだろうとか、思っていました。
今にして思えば、多分これって、戦争の傷跡ということなんだろうなぁと思います。

七月鏡一,平井和正,早瀬マサト,石ノ森章太郎,読書サイボーグ009,マンガ,七月 鏡一,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックス スペシャル,平井 和正,幻魔大戦,幻魔大戦 Rebirth,早瀬 マサト

幻魔大戦 Rebirth 3

石ノ森ワールドも、連結されてきました。
幻魔大戦だけでなく、サイボーグ009の世界も。
これは、初期のマンガ版の幻魔大戦でも、あった設定だけど、この世界では、イワン・ウィスキーがこの罪を犯したために、ブラックゴースト団やサイボーグ達がいなくなっているのですね。そのあたりの解釈も、ものすごくさりげなくかかれていて凄い。

これは、読みたかった続編やわと言える1冊です。

まあ、逆に、平井・石ノ森ファンじゃなければ、けっこう置いてけぼりなのかもしれませんが。
でも、読んでいるのは、ファンだよねぇ。

このコミックスを機会に、新しいファンが増えて欲しいです。

石ノ森章太郎,読書サイボーグ009,ロボット,石ノ森 章太郎,秋田文庫,秋田書店

サイボーグ009 8

ミュートスサイボーグ編は、もう完全にロボットプロレスですね。
まあでも、そうして延命してきたからこそ、ずっと続いたということはあるかもしれません。

石ノ森章太郎,読書サイボーグ009,マンガ,石ノ森 章太郎,秋田文庫,秋田書店,竹宮 惠子

サイボーグ009 7

ミュートスサイボーグ編に。
これも、「誕生編」に入っていたか……。というのが、素直に感想。

多分、竹宮 惠子がシビれた「サイボーグ009」はウケなくての方向転換だったのかなぁ。より、少年マンガらしい、能力のインフレ闘争にはいつていく感じです。