コスモス楽園記一覧

いつも帰ってこれる場所

コスモス楽園記5

最終巻です。

ときどき、ヒキがある話があって、それがけっこうよかったなぁと思います。

ここが日本的かどうかは、微妙ですが。でも、ここに住みたいと感じさせられる楽園なのは確かです。


自由なこころ

コスモス楽園記4

なんか、4巻から急にカラーになっています。
うん、カラーの方が雰囲気でている感じです。

お話は、気楽な方に、気楽な方に、流れているような気もしますが、それが、「楽園」らしくていいのではないでしょうか。
けっこう、お約束な展開も好きです。

ますむら・ひろし、ほんま、自由だ。


季節外れのメザシ・ブリとマス!!

コスモス楽園記3

メザシ・ブリとマスというのが、くだらなくてとっても素敵でした。1番笑った。そんな、ダジャレ、誰が思いつく……。

ネコの目で星を眺めてみたいものです。


力を抜いて

コスモス楽園記2

なんか、謎が解けそうで解けない感じが好きです。
最後のオチも、そこにおとすのか~と、はぐらかされたみたいな感じが、ものすごく気持ちいいです。

あと、あのお医者さんねこ、好きです。自由に生きている感じが、実に好き。


楽園の記憶をたどって

コスモス楽園記1

ヨネザードにもにていますが、舞台は、南太平洋のロバス島。
独特のますむら・ひろしの世界が展開しています。

謎に答えは、あるのだろうか?

それでも、ものすごく過ごしやすい「楽園」な雰囲気です。昔、自分には、ヨネザードに住んでいた記憶があるような気がしていましたが、ここも、自分の故郷の様な気がする。