ゲド戦記一覧

あきつしま

ゲド戦記外伝 ゲド戦記 別巻

うーん。この題名。
最初に日本語のシリーズ名を「ゲド戦記」にしたことの弊害がでてますねぇ。ゲドが出てこないから、外伝とせざるえない。

あと、「トンボ」っていう名前は、それでいいのかと?
トンボだと、ドラゴンっていう言葉がそこに入っているのが、まったくわからなくなるのですが、名前に「ドラゴン」が入っているの超重要ですよねぇ。1

まあ、話自体は、過去のものもあったりして、まさに番外編な感じもしないでもない。でも、過去の話でもル・グウィン自信の意識は書いた時点の問題意識になっていて、多分、テーマ的には前に進んでいる。それは多分、女性とドラゴンということなんだろうなぁと思います。
最初の三部作を書いているときには「世界ってこうだよなぁ」と無意識に書いていた部分を、「なんでこうなったのか」と掘り下げていくような作業。それがあったから、前に進んだともいえるかな。

さてラスト1巻。
次は、「アースシーの風」です。

  1. と思って、調べたら、新しいのは「ドラゴンフライ」になっているようです。本自体の題名も。それはそれで、シリーズの他の作品と並びが悪い気も……。難しいな。 []

それでも生きていく

帰還 ゲド戦記4

この人の文体って、こんなだったろうか?
まあ、そんなに覚えているわけではないけど、もっと、ピシッと言い切った文体だった気がします。でも、このお話では、グネグネとした文章が続いているような気がします。そして、それが決して不快ではないありません。

多分、世界というのは、こんな風にグネグネしていて見えにくいものなのだと思います。
それがわかるまでに、ものすごく時間がかかった。

もちろん、この物語も今までのゲド戦記と同じくテーマになるワンアイデアがあって、それは、けっこう読者に見えています。でも、今までの「ゲド戦記」と違うところがあるとすれば、多分、

「本当に大切なのは『そこ』ではないかもしれない」

ということなのかもしれません。

力を失って、達観することができないゲドの姿は、クリンの魔法使い達の姿と重なったりもしますが、多分、作者は「ドラゴンランス」よりも、もっと厳しいことを「ゲド戦記」の世界の登場人物達に課している。
そう感じます。


ここまでで三部作

さいはての島へ ゲド戦記3

この巻も、なんかワン・アイデアで、話を作っている感じです。
そして、典型的な、貴種流離譚。

ちょっとは、今までよりは、派手にはなっているのかな。
世代交代が、微妙にできていない感じが……。

ゲド戦記は、もしかするとこれから後の作品の方が、ル・グウィンの考え方も変わってきて面白いのかも。

アーシュラ・K・ル・グウィン,Ursula K. Le Guin,
清水 真砂子
岩波書店
発売日:2006-04-07
 


すべてはまるくおさまって

銀のいす ナルニア国物語

うーん、おもしろさは、「指輪物語」よりは下で「ゲド戦記」よりは上かなぁ(何様だ?)。

子ども向きの話だから、これぐらい単純な方がいいと思う部分もあるのだと思います。
「ゲド」は、その部分がちょっと損している気がする。変に大人向けなのに、物語の構造が単純すぎるというか……。

今回のキリスト教的なテーマは、なんだろう?キリストの弟子が伝導していくような話かな?
泥足にがえもんは、真実をしゃべる(まあちょっと悲観的に)故に、みんなから受け入れられない部分があります。このあたりは、預言者の迫害っぽいかも。

しかし、泥足にがえも……相変わらずの瀬田節全開ぶりです。まぁ、イメージしやすいっちゃあ、しやすいのですが。

銀のいすって、どこかに出てきたかなぁと思ったけど、そうか、洗脳の魔法のいすのことか……。あんまり、印象なかったです。


こわれたものは1つに

こわれた腕環 ゲド戦記2

うーん、やっぱり、このゆっくりなスピードと、ワンアイデアで物語り全体をもたせようとする感じが……。
世界の名作、おもしろいか、コレ?

テナーのおかれた状況、世界を見せるという意味で、物語の前半のアルハの話は必要であるのはわかるのですが、でも、あそこまで執拗である必要があるのか?
執拗であってもいいのですが、単調であるというのは、どうか?

まぁ、ある意味、死後の世界なんだから単調なのかもしれませんが、それが、計算された単調さとは思えないんですよねぇ。
やっぱり、あそこで、あれだけ説明しなければならないのは、この物語が書かれた「時代」のせいなのかなぁ。
この物語が、「時代」の最先端すぎて、今読むと「原型」みたいに見えてしまうのかもしれません。

ゲドがでてきてからは、それなりにおもしろいのです。逆にいえば、イニシアティブを全部、ゲドがとっているように感じられるのです。愚かで無知な女の子を、賢い男が導く話みたいな。
でも、それは、本当にそうなのかなぁ。

なんというか例えば、ゲドは、闇とか影を敵と見ているけれど、実は、けっしてそうではないのではないかと、現代人のわたしは思っています。
もしかすると、アルハの信仰の方が、正しいのではないか。少なくとも、それは、戦う相手ではあっても、打ち倒せるものではないのではないか。
打ち倒すのではなくて、共存していくべき存在ではないのか?もっと、生きていくうえで大切なもの何ではないかと思います。
光が強いところには、濃い影がさす。そのことに、なにか意味があるのではないかと思ったりするのです。

うーん、どうなんだろう。これって、恋愛小説なんだろうか?ゲドとテナーは、くっつくのだろうか?
なんか、ゲドのテナーの美しさに惹かれた、テナーはゲドの賢さに惹かれたみたいな、惹かれたところの歪さが気になる。テナーの美しや、純粋さは、アルハとしての残酷さをも含んでいるものだと思うので。そうするとそれは、「影」を戦い駆逐するものと考えるゲドにとっては、本質的な美しさではなくて、「幼さ」としていつか否定される、愛玩的なものでしかなく感じてしまいます。

恋愛において、男が師で、女が弟子みたいな、それが一方的な関係はやだな。
こわれた腕環は1つに。それは、1つになったのであって、どちらかがどちらかに吸収されたのではないと思いたいですね。

アーシュラ・K・ル・グウィン,Ursula K. Le Guin,
清水 真砂子
岩波書店
発売日:2006-04-07