クトゥルー一覧

ネタ?

パタリロ!選集41

で、結局、パイライフというのは、パタリロの仕込んだただのネタということでいいのかな?

クトゥルー神話の邪神??


ついに「るくるく」も、クトゥルー神話の一挿話として…

るくるく7

古のものがでてきて、ちょっとビックリ。まあ、なんでもありだから(笑)

悪魔的なところが強調された「悪魔の家さがし」や「悪魔の人生相談」の後に、「悪魔の幻灯機」や、「悪魔の電影 悪魔の電視」みたいな話をもってくるところは、絶妙のバランス感覚というか、なかなかあざといというか。


1巻目を読んだのは…

ラヴクラフト全集7

1巻目を読んだのは、大学時代に郵便局でアルバイトしていたときという記憶があるので、少なくとも15年以上はたっているということです。
その間に、クトゥルー神話も、だいぶんメジャーな存在になってきたなぁと、ちょっと感慨深いです。

さて、恐怖ものというか、コズミックホラーから読み出したラヴクラフトですが、実は、わたしが1番、性にあったというかしっくりきたのは、実は、夢の国の物語群でした。

この7巻は、その夢の国の物語や、ホラーの習作という感じの作品が集まっています。
有名どころは訳し終わっていて、小粒な作品です。

ただ、夢の国の物語とホラーとを繋ぐような作品も、けっこう収録されていて、それなりに楽しめました。

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト,Howard Phillips Lovecraft,
大瀧 啓裕
東京創元社
発売日:2005-01-22
 


銀の鍵の門の向こう側

クトゥルフ神話ガイドブック 20世紀の恐怖神話

クトゥルーとの出会いは、多分、矢野健太郎のケイオス・シーカー・シリーズだと思います。

で、学研のムック、創元推理文庫の「ラヴクラフト全集」と青心社の「暗黒神話体系 クトゥルー」あたりを平行して読んで、RPG系とか、マンガ、菊地秀行の小説などに広がっていった感じです。

こういう「世界」を共有しているというのは、おもしろいなぁ……という興味が大きいです。物語の中で、いろいろな関係ができているところが、楽しいのです。

で、こういうガイドブックは、自分がみつけていないそういった世界の広がりを感じさせてくれるで楽しいです。

今までのガイドブックは、やっぱり海外の作品についての言及が多かったのですが、このガイドブックについては、日本の作品のことも多く書かれていて、そのあたりが楽しかったです。

わかる人にはわかる暗号みたいな感じで、それを作品に紛れ込ませるのは、けっこう気持ちいい行為なんだろうなぁと思いました。

魔導書に人格があるという考え方は、なかなか、面白くていい設定です。


えっ、そこで終わり??

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

見てきました。
ちょっと、宣伝を見たときに、クトゥルーみたいな人が出ていたので、なんか、そっちと関係あるのかな~と思いながら、見に行きました。

前作「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」を見ていないので、前日に、ねぇさんのDVDで予習(笑)

これは、けっこう面白い!!

「ありえねーーっ」

という感じのアクションでお話が進んでいくのが、なんか、「おとぎの国の海賊たち」という感じです。

キャプテン・ジャック・スパロウは、口先だけで何とかしようとする、海賊というよりも、愉快な詐欺師みたいな感じ。あんまり、悪になりきれない、動きの怪しい男です(笑)

主人公の男女はあんまり目立たなくて、どっちかというと、キャプテン・スパローの引き立て役という感じかな。

いろいろ悪党たちもでてくるのですが、みんな、なんとも愛嬌があるのです。
1番悪いやつバルボッサも、なかなか、いい味出しています。

まあ、なんで主人公(のパパ)の血が、呪いとくのに必要なのかは、今ひとつわかりませんでしたが……。ノリか?アステカの呪いに、パパの呪いも、上乗せされた?
でも、おもしろいから、いいや。

ということで、基礎知識は、OK。
期待して、映画に。

で、今回の「デットマンズ・チェスト」なんですが……。
なんか、3部作の2作目だったようで、思いっきり「続く…」で終わっていました。

いやぁ、最後に出てきた人物は、けっこうよかったし、次も見に行きたいと思わせるような展開ではあるのですが……若干、裏切られた感じです。

映画そのものも、なんか、ちょっと説明不足名部分がめだってたような気がします。
そのあたりも、全部、3作目に持ち越しなのかなぁ……。

と考えると、映画の出来としては、1作目ほど面白くなかったかなぁという感想です。

だいたい、オーランドより、ジョニー・ディップが活躍している方が楽しいしねぇ。今回、キャプテン・スパロウは、あんまりよいところなしでした。

おもしろいアクションは、いっぱいあるんですが、ちょっと多すぎだろうというのが、わたしの感想です。1つ1つは楽しいのだけど、全部、それでつなげられると、けっこうそれはそれで、しつこいよなぁ。1つ1つも、若干長すぎな気が……。

3部作の2作目は、どうしてもこうなるのかなぁという感じの映画です。
でも、これを見ないと、3部にも続かないしなぁ……。

このまま人気が出たら、キャプテン・スパロウが若いころとか、スター・ウォーズみたいに作っていくのかなぁ……。
てなことを思ったいたら、若き日のキャプテン・スパロウの小説シリーズが出ていました。
……考える人は、けっこうみんな同じか?