アルカサル-王城-一覧

悲劇の王

アルカサル-王城-7

最終章が、ものすごく駆け足だったのが、ちょっと残念です。
多分、あと、5~6巻分の時間を、一気にかいた感じがします。

まぁ、最後の悲劇は、あんまりかきたくなかったのかなぁ。どうなんだろう?


陰謀の刃

アルカサル-王城-6

少し平和になったり、硬直状態があると、陰謀の刃はどんどん内側にむかっていく。

すべてを見越した上で、見ないふりすらしなければならない王という仕事は、はっきりいって、大変すぎ。
なんで、王様になりたいのかねぇ。


王の寵

アルカサル-王城-5

王様の寵を失った者が、どんな風に簡単に転落していくかというお話。

ここでは、ドン・ペドロが主人公なので、こんな風にかかれていますが、実際のところはわからないよねぇ……。


恋の嵐

アルカサル-王城-4

どこまで史実で、どこからが創作なのかを、知るすべはないのですが、そんなこともあるのだろうなあというドラマが、ものすごく良いです。

多少、王様の性格が軽すぎるかとも思いますが、なんか、「厳しいけれど愛される王」とか言われれば、なんか、納得してしまいそうになります。


歴史の中に遊ぶ

アルカサル-王城-3

こういうマンガを読むと、本当に歴史に興味を持ったり、身近に感じたりしますね。
歴史好きだからこういうマンガを好むのか、こういうマンガを好むから歴史に興味がでるのかは、けっこう微妙ですが。

でも、たしかに、なにかのきっかけになることってあると思います。