アクションコミックス一覧

めっちゃ動くよ

超可動ガール1/6 1

なんというか、期待よりも、オタクな心を鷲掴みにされました。
なんだか、だんだんと倦怠期の夫婦みたいになっていくところも、けっこう好きですよ。

なんか、「南くんの恋人」を思い出したりもしました。妄想の先か、生身かどうかは違うけど、結局、意志を持っているのなら、面倒くさは生身と変わらないじゃんと思ったりもする。
まあ、ものを知らない分、どっか「源氏物語」的なものも入ってくるのかもしれません。

楽しい。が、この先、どう展開していくのかは、けっこう気になります。幸せになれそな感じは……しない。


天道、是か非か?

達人伝1 9万里を風に乗り

元ネタは、史記かなぁ。
秦がだんだんと強くなっていって、それを潰すみたいな話になるような感じがします。
主人公は、荘氏の孫。得意技は、長い息。

これが、今、「キングダム」の時代よりも、前か後なのかというのも、わたしにはわからないのですが(同じぐらいの時代かな)、まだ、秦の始皇帝による統一にはいたっていないみたいな感じです。
弓の人って、もしかして中島 敦の「名人伝」の人かな。

この時代は、「項羽と劉邦」とかは読んでますが、どっちかというと、秦が統一した後の話しかしらないのですが、これは、秦が崩壊するぐらいまで行くのかな。


ミッシングリンク

キューティーハニー天女伝説5

実は、8巻、9巻と、2004年頃のブログに感想を書いたりしておりますが、5巻の感想が、今頃です……。

えーとですねぇ、本の整理をしていたら、5巻だけが見つからなかったのです。

あれ、どこかに貸したりして移動しているのかなぁ?それとも、読んでないのか?

もしかして、見つからないだけで、読んだことはあるのではと思っていましたが、全く、読んだ記憶がなかったです。

ハニーとエンジェルが、ここまで絡んでる話って、読んだことないよなぁ……。
でも、実は、読んでいても記憶がなかったりして……。
最近、記憶に自信がない。


隣にいる人

大阪ハムレット4

いつも、この人もマンガを(特に最近の)読んだときに感じる、安心感と、不思議な痛みは、なんなんだろうと思います。

わたしたちは、いろんなことをデータとして知っている。でも、いちいちそれに痛みなんか感じない。
だから、こうして物語として提示されて、はじめて想像力をめぐらすことができる。

そうして、データの向こう側に本当にいるはずの人について考えることは、とても大切なことだと思います。


みんな愛のせいね

妄想少女オタク系7

完結。

別にこれ、少女マンガでも、よかったよねぇと思うぐらいのラブラブぶりでした。

塚本先輩のスピーチに、テーマのすべてがつまっている気がします。
夢を追いかけるのは、楽ではないけど、楽しいことです。楽しいと思えることを、精一杯して生きていきたいですね。