みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編11

乙女さん、さな子と、キャラが立っていていいなぁと思います。どのドラマでも、ものすごくくっくりと浮かび上がる人物というのはいるものです。
乙女さんについては、やっぱり、「竜馬がゆく」のイメージが強いのかもしれませんが。

そして、時代は世界中を巻き込んでの大混乱の時代に入っていきます。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編8

消えたので、書き直し感想です。

福沢諭吉が出てきた。
お母さんが、すごい人だった。家族の影響というのは、考え方の根本になるので大きいと思います。

おしゃべり好きな設定がいい感じです。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編7

竜馬が出てくると、話が動いている感じがするなぁと。
ゆるい竜馬なので、引き締まった感じはしないけど(笑)

そして、蔵六とイネさん。良いわぁ。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編6

熱い竜馬。
そして、素敵な乙女さん。

そう、この物語では、龍馬ではなくて、あくまで竜馬なんだなぁと思わせてくれます。

そして、風雲児たちの真の始まり。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編5

村田 蔵六の格好良さが光った1巻。

そして、日米交渉。文化の違いって難しいですねぇ。
そして、自分が迫害していた人たちに助けられるという。アメリカのやり方、ほぼヤクザ。