ふたつのスピカ一覧

遠い星

ふたつのスピカ13

残された人の思い。
それほど変わらない日常。
でも、それ故の喪失感。

新たな決意。
すべては、夢につながっている。

なにがあっても、飛びたい。


突然の…

ふたつのスピカ12

シュウが……。

鼻血出したりしていたし……。

なにがあって、どんなまとめ方をするつもりだ。体調が悪くてメディカルチェックにひっかかって、アスミに……ぐらいの展開しか考えてなかった。

乗り越えていかなければならないものが、増えていきます。


星の足跡

ふたつのスピカ11

友だちを貶されたらおこるのが普通というマリカ。
ベタベタなシーンなんだけれど、今でのしっかりとしたながれがあったからこそ、この成長があるんだなぁと感じさせられるシーンです。

素晴らしい。ドキドキします。


ずっと輝き続けてる

ふたつのスピカ10

過去と未来が繋がっていく1冊です。

なんか、終了に向けて動き出した感じですねぇ。最後の「転」か、「結」の始まり。

柳沼 行は、このお話の中で、いろんなことを全部かききってしまおうとしているみたいです。そして、お話として、それは、けっこう正しい気がします。
その上で、広がっていくものもあるのだと思います。


宇宙への切符

ふたつのスピカ9

ゆっくりだけど大きく動いているなぁ。そんな感じ。
ふっちいが情熱的で、ちょっとビックリした。割と、人の世話ばかりしているな、この人。

最後の秋のセリフ、いいなぁ。これまでの物語の重さを背負って出ているので、説得力があります。