椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,マンガ,椎橋 寛,集英社

ぬらりひょんの孫25

最終巻。
あぁ、こっちの方は赦すのね。まあ、あやかしにはあやかしの人とは違う倫理があります。それは多分、マンガではなかなかかききれないところ。
まあ、「幽遊白書」でもかかれていたかなぁ。

そして、リクオが選ぶのは……。
いや、選んだんでなくて、思春期に入っただけという解釈の仕方もあるかも(笑)

椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,椎橋 寛,集英社

ぬらりひょんの孫24

次で完結。
あと1巻では、たりないぐらいの盛り上がり方です。

ただ、ちょっと話が雑に進んでいる感じもします。

椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,椎橋 寛,集英社

ぬらりひょんの孫23

羽衣狐復活で、役者も揃ってクライマックスという感じですかねぇ。

そして、じいじか。結局、じいじが一番いいところをもっていくのか?

椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,椎橋 寛,陰陽師,集英社

ぬらりひょんの孫22

陰陽師系が、2つにわかれて敵味方になっております。
このあたりも、なんか因縁ありそうです。

大きな戦いの中、そういういろんな伏線が活きてきたら、おもしろくなるはず。

昼のリクオも、格好良くなってきた?

椎橋寛,読書ぬらりひょんの孫,ジャンプ・コミックス,椎橋 寛,集英社

ぬらりひょんの孫21

消えたので、書き直し感想です。

清継で泣かせにくるかぁ。という感じ。
この手のパターンだと、女の子とか、ごつい男しか味方にならない感じなのですが、これは、ちょっと好きかも。

ただ、決着はちょっと思ったより地味かなぁ。