なんて素敵にジャパネスク 人妻編一覧

氷室冴子原作

なんて素敵にジャパネスク 人妻編1

なんか、前のラスト付近で、思いもしなかったハゲなキャラクター(たしか吉野の君)にだだ泣きさせられた思い出はあるのですが、内容は、まったく覚えていないという。

だいたいにして、るり姫と「お伽話」の姫さんとの見分けがついていません。
読んだのは、何年前だ??

でも、読めばだいたい人間関係がスーッと入ってきて、無理なく読み進められるというのは、なかなか、素晴らしいです。

氷室 冴子は、もう1回読み直したい作家さんです。