きら一覧

楽園のDOOR

ハリー・ポッターと謎のプリンス 下

次で完結のラスト2巻です。
メチャクチャおもしろい怒濤の展開を見せています。

いろんな感想の何を書いても、今は、ネタバレになってしまいます。
ということで、以下、読んだ人だけ、どうぞ。

続きを読む


メメントモリ

鉄のラインバレル10

加藤機関の全貌があきらかに……全然なっていないな。
なんらかの理想が、あるみたいな感じではあります。

マキナと城崎にも、まだまだ謎いっぱいみたいです。短編の結論と同じ設定ならば……加藤自身は人類が滅びないように考えているということもあるのかも。

なかなか、ワクワクする巨大ロボットマンガ:10px;”>


すぐに、飽きられるのでは?……男の方が

シタフォードの秘密 クリスティー文庫76

うーん、これはクリスティーにしてはイマイチ。
と、思ったのは、けっこう数を読んで飽きてきたせいかもしれません。まあ、あとヒロインが、いまひとつ好きでなかったからかも。基本的に、もてる人の心理ってわからないので。
すぐに、心変わりしそうな感じがするところが、何ともはや。
でも、終盤のみんなが主人公に「どっち?」て質問するところは、好きです。

まあ、ただしクリスティーにしてはという但し書きがつくので、標準以上のできではあります。

しかし、あのトリックは……。気づけよ、警察。というか、わたしも気づかなかったんだけど……盲点なのか?


あきらめなければ、いつか夢は…

XENON-199X・R-1

いよいよ、新世紀のゼノンです。
題名からして、旧世紀ですが(笑)

まったくの続き。
違和感は、あんまりないですね。多分、以前考えていた話とは、別物になっているはずですが。

嬉しい。


第1部、完です

デルフィニア戦記 第1部 放浪の戦士4

国を取り返すまでのお話。

うーん、多少、リィの特殊能力に頼りすぎというきらいがあるのと、このオチが許されるのだったら、今までの戦いはいったい何のためにと若干思ってしまうところが。

でも、物語の中の人たちは、さわやかに、受け入れるのね……。
ちょっと、そのあたりは、どうなんだろうと。

しかも、彼女、帰るっていっているのにねぇ。

次に何が起こるのかとかは、けっこう楽しみです。