うる星やつら一覧

小ネタ冴える

境界のRINNE17

「犬夜叉」は、なんていってもシリアスだったので、できなかった小ネタが、メチャクチャ冴えているなぁ。
この「うる星やつら」の終わりの時期と同じのりは、凄く好きです。

というか、「うる星」を読み返したくなってきた。


時代はうつり

境界のRINNE16

鳳、実はけっこう美人じゃんとかか思って見てたら、なんか「うる星やつら」のサクラさんを思い出していました。
あの頃は、ものすごい大人なイメージがあったけど、今見たら、娘さんです(笑)


うる星やつら?

境界のRINNE14

いいなぁ、この無責任なキャラクターの増え方。昔の「うる星やつら」を思い出します。

だまし神れんげは、十文字の彼女になるのかな?


鎌屋さん

境界のRINNE13

鎌屋さん、登場。そして、キャラが増えていく。

でも、うる星やつらから続く、安心の高橋 留美子クオリティ。
けっこう、捨てるキャラは捨てますから(笑)


犬の唄

犬狼伝説 上

押井 守の「犬」の話。

押井 守の名前を気にしだしたのは、多分、映画の「うる星やつら」のビューティフル・ドリーマーあたりから。……とかいって、実は、ビューティフル・ドリーマー、見てませんね、わたし。えーと、例によって、兄貴が熱くストーリーを語ってくれた思い出が(笑)

「とどのつまり…」とか、「天使のたまご」とかで、名前をすり込まれていった感じです。
特に、「天使のたまご」のイメージは、天野 喜孝の絵が大好きだったこともあって、インパクトが強かったです。

「犬狼伝説」のあたりから、けっこう有名になって、好きにしているイメージがあるのですが、そうでもなくって、まだ貧乏時代なんだろうか?
犬というテーマが、前面にでてきたのも、このあたりからのような気がします。

押井キャラって、わたしにとっては行動原理がよくわからないところがあって、それに「犬」という考え方をあてはめてみたら、なんか、理解できた様な気がした記憶があります。

えーと、おもしろいかというと、微妙なところもあるのですが、これだけは、言えると思います。

「昔のオタクは、凄かった」

藤原 カムイ,押井 守
学研パブリッシング,学研マーケティング
発売日:2010-02-16