読書,高橋留美子うる星やつら,マンガ,境界のRINNE,小学館,少年サンデーコミックス,高橋 留美子

境界のRINNE40

高橋 留美子のマンガは、絶対、総集編のワイド版とか文庫版で読むよりも、コミックス版で読んだ方がいいと思います。特に、コメディは。
それは、最後の1巻が、ものすごく計算されたも1つの物語になっているからです。

「うる星やつら」のときから、そのラスト1巻の盛り上がりというのは、神がかり的です。

ということで、今回も、いろいろ大きな危機を乗り越えたうえのグランドフィナーレとなりました。

りんね、桜ともに、体温が低い系でしたが、それなりにお互いの気持ちを確かめ合えた……かな。

読書,高橋留美子うる星やつら,らんま1/2,境界のRINNE,少年サンデーコミックス,高橋 留美子

境界のRINNE37

消えたので書き直し感想です。

もうなんというか、特に短編は伝統芸能みたいになっておりますね。
こうやって、物語の後半、日常(?)がダラダラ続く感じも好きです。

この時期の高橋 留美子って、本当に神がかっていると思うのですが、どうでしょう?「うる星やつら」とか、「らんま1/2」などのコメディーの後半のこの感じが好きです。マニア?

読書,高橋留美子うる星やつら,境界のRINNE,小学館,少年サンデーコミックス,犬夜叉,高橋 留美子

境界のRINNE17

「犬夜叉」は、なんていってもシリアスだったので、できなかった小ネタが、メチャクチャ冴えているなぁ。
この「うる星やつら」の終わりの時期と同じのりは、凄く好きです。

というか、「うる星」を読み返したくなってきた。

読書,高橋留美子うる星やつら,境界のRINNE,小学館,少年サンデーコミックス,高橋 留美子

境界のRINNE16

鳳、実はけっこう美人じゃんとかか思って見てたら、なんか「うる星やつら」のサクラさんを思い出していました。
あの頃は、ものすごい大人なイメージがあったけど、今見たら、娘さんです(笑)

読書,高橋留美子うる星やつら,境界のRINNE,小学館,少年サンデーコミックス,高橋 留美子

境界のRINNE14

いいなぁ、この無責任なキャラクターの増え方。昔の「うる星やつら」を思い出します。

だまし神れんげは、十文字の彼女になるのかな?