ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,堺三保,読書Jeph Loeb,Tim Sale,あ・そ・ぼ,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,デアデビル,小学館,小学館集英社プロダクション,映画

デアデビル ブルー

色シリーズとでもいうのかな。
「あ・そ・ぼ」では、「スパイダーマン ブルー」の感想を書いています。

さて、それの「デアデビル」版です。
「デアデビル」は、映画を1本見たのと、暗くて思いコミックスを数冊読んだだけで、思い入れがけっこうないんですよねぇ。
話の構造自体は、「スパイダーマン ブルー」と同じ感じで、いい話なんですが、スパイダーマンのときみたいに大泣きはしないです。というか、あんまりにも、「スパイダーマン ブルー」と同じ話すぎるのかも。

でも、このちょっと古いアメコミの感じは好きです。

ティム・セイル,Tim Sale,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2016-06-22

WordPress,サイト全体,サイト管理,更新雑記あ・そ・ぼ,プラグイン,ボードゲーム

コロナ渦の真っ最中、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

管理人・りんの職場も、所謂「三密」状態の職場でして、今現在は、仕事場としての機能をまったく果たしていない状態です。それでも、なんとか今できることをするために、そして、原状回復した暁には、きっと山積している課題に立ち向かうために、日々の仕事を淡々とこなしている毎日です。

収入的にも今のところはひどいことにはなっていないので、まだなんとかやっていける状態ではありますが、ちょっと、精神的には危機的状況です。
ボードゲームも、対面でのものなので、なかなか出来ないなぁという。連休も、外に出られませんしねぇ。

それはさておき、わざわざこのページに来ていただいた方には、このところご心配をおかけてしていたのではないかと想います。まあ、ねぇさんを含めて、日に5人ぐらいは見ていただいております(笑)
2018年ぐらいから、更新が滞りがちになっているこのブログですが、4月半ばから完全に記事が表示されない謎の状態になっておりました。
これはなにがおこったかといいますと、まあ、わたしがやってしまったのですよ(爆)

このブログは、WordPressを使ってつくっているわけですが、WordPress自体のバージョンアップとかいろいろありまして、perlのアップデートとか、データベースのアップデートとかをする必要があったのです。

で、perlのアップデートは、割とすんなりといったのですが、データベースサーバーのアップデートに失敗しまして。

もうちょっと、詳しく書きますと、うちがレンタルサーバーとむすんでいる契約では、データベースを1つしか持つことができないのです。
で、データベースのアップデートをするためには、古いデータベースをバックアップして、古いデータベースを削除、新しいデータベースを作成、そこにデータをインポートという手順が必要なわけです。
マニュアルどおりにしてみたつもりなのですが、これがまあ、バックアップがしっかりととれていなかったのですね。

インポートしてみると、2015年以降の記事がまったくない状態でして、それ以前の記事も、かなりボロボロ。タグも、カテゴリーも、まったくなしになっていました。

とりあえず、復旧ができるかもということで、データベースをもう1回消して。その後、レンタルサーバーの会社に連絡を取りまして、バックアッププランでないけれど1万円出せばなんとかなるかもというお話をしていただいて、調べてもらったら、やっぱり復旧無理となりまして。

で、もう、「あ・そ・ぼ」も、潮時かもしれないので閉鎖してしまうかなぁ……とも思ったのですが……。わたし、近年、大変頭が悪くなっておりまして、ここをやめると読んだ本か、読んでない本かの管理ができないなぁと。まあ、5年分の記事が飛んじゃった時点で、そのあたりの記憶が一番怪しいので、難しいかなぁと思いながらも、続けていこうかと考えまして。

続けるにあたって、もう一層のこと、過去の記事は全部なかったことにして続けるか?とか思ったのですが、それも、辛くてねぇ。まあ、残っているものは、残っているものとして、新しいサイトをつくりながら、整理していくかと決心したのが、きのうあたりのことでした。

この機会ですから、かなりレガシーな感じになっているWordPressのテーマも、今、ちゃんとメンテナンスされている最新の物に変えて、URLも、SSLに対応した物にして……。と大幅にリニューアルして、再開することにしました。

で、サイトをいじっているときに、データベースマネージャーのプラグインを入れていることに気づきましてですねぇ、なんと見てみたら、そこに2019年のバックアップが!!!

そのバックアップを流し込んでみたら、なんとなんと、2019年9月までのデータが、多分そのままの状態で、残っているではありませんか。
わたし、なんでこの機能で、データベースを移行する前にバックアップとらなかったんでしょうね。1

まあでも、4年分のデータ2、カテゴリーも、タグも、記事にちゃんとついているというのは、もう、ちょっと前の状況に比べたら、雲泥の違いです。

ということで、代わり映えしませんが、新生「あ・そ・ぼ」は、スタートします。

あたらしいURLは、https://littlestar-asobo.ssl-lolipop.jp/rin/となります。

例え絶望の中でも、何もかも失われた訳ではありません。
されでも、ぼくたちは生きていく。

We are lonely , But not alone.

  1. なんか、この機能、知ってたけど正常に動かないように思っていたのでした。 []
  2. それ以前のものも、多分、完璧に残っている。 []

成田美名子,読書あ・そ・ぼ,成田 美名子,白泉社,花とゆめコミックス,花よりも花の如く

花よりも花の如く14

2002年。
その頃のインターネットってどんなだっただろう。

「あ・そ・ぼ」が始まったのが2002年だから、けっこう個人のWebサイトもあった感じ。ブログが流行り始めた頃ぐらい??
もう、なかった時代がどんなのかが想像できなくなっています。

人の繋がりは、緩やか。これが、物語の中だからなのか、時代の所為なのか、だんだんわからなくなっています。今なら、危なくてしょうがないと感じちゃうだろうなぁ。

武内直子,読書あ・そ・ぼ,セーラームーン,武内 直子,美少女戦士セーラームーン,講談社

美少女戦士セーラームーン9 完全版

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

実は、喪中ですが、あんまり気にせずに(笑)
笑いは、大事ですよ。生きている限り。

ということで、2015年の幕開けの1冊は、セーラームーンです(爆)

この巻はですねぇ、前も書きましたが、セーラームーン中1番好きなシーンがある巻です。
やっぱり、シビれるシーンです。

そして、こうやってみると、中学生編とくらべると、キャラクターたちがすらっと成長しているのがわかります。
この微妙な成長をかけるのは、凄いことです。

ちなみに、旧テレビ版のキャラクターには、このスラッとしたところが足りなかったと思います。

中道裕太,読書あ・そ・ぼ,ごきぶりポーカー,すごろくや,アクア・ステップ・アップ,ゲッサン少年サンデーコミックス,ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル,ボードゲーム,中道 裕太,小学館,放課後さいころ倶楽部

放課後さいころ倶楽部1

京都舞台のボードゲームのマンガ。

これって、「すごろくや・京都店」のフラグ?フラグなの?と、めっちゃ興奮。1
怪しい四条あたりの雑居ビルに希望します。

いいよねぇ、これ。
なかなか、ゲームの楽しいところを伝えている!!
特に、ゲームを始めたときのドキドキや、アルアルが伝わる気がします。

わたしも、「はげたかのえじき」をしているとき、似たようなこと考えていたよとか。

「ごきぶりポーカー」の心理戦とかは、メタゲームの楽しさですよねぇ。

「アクア・ステップ・アップ」は、基本に1話に1つのボードゲームというしばりがあって、ボードゲームを遊んでいる描写は濃厚だったのですが、それ以外の話の展開がギュッと圧縮されちゃった部分がありました。あれはあれで、けっこう、それぞれのキャラクターにドラマがあると思うんですが、そういう部分は、小説版でないと充分かけない部分がありました。2

でも、「放課後さいころ倶楽部」の場合は、ゲームにいたるまでのパートも大事にしていて、そこが、楽しいなぁと思います。

まぁ、1話目読んだときは、

「ボードゲームの話、ないやん!!」

とか、思ったのですが、このペースが、すごい深みをだしていると思います。

これ読んで、ボードゲームって楽しそうと思ってくれる人が増えるといいなぁ。

  1. 多分、違う……。 []
  2. そして、小説版は小説版で、ゲストキャラの話がメインになるので、レギュラーキャラの話はちょっと走ってしまうという……。 []