あとがき大全一覧

そして、これも伏線

ONE PIECE DOORS! 1

昔、夢枕 獏の本で、「あとがき」だけた集めた「あとがき大全」というのがあったけど、その類い。

扉絵だけで綴る「ONE PIECE」。扉絵だけで、もう2巻も出ているなんて凄いですねぇ。そして、「あとがく大全」と同じく、それが1つの物語になっているという。

伏線がはられてから回収までの時間が長すぎて、ストーリーが追えなくなってきているので、ときどき、こうやって振り返るのはいいかもしれない。
これ読んでいると、本編で読んだ話か、扉絵の物語だったのか、もう、それすらわかんなくなってきているんだなぁと思いました。


文庫になるか~

あとがき大全 あるいは物語による旅の記録

実は、この本は文庫にはならないだろうと思って、大判の本を買って読んでいたりします。
文庫になったときは、ビックリしました。

でも、今回読み直してみて、文庫化されてもおかしくないぐらい「物語」として1本筋が通っているよなぁと感じました。
↑ まあ、文庫化されるすべての作品が、この「文庫化されてもおかしくなすい」というレベルに達しているかどうかという議論はあると思いますが。

わりと、心の奥にある恥ずかしい欲望を、ズバッ、ズバッと書いてて、その気持ちよさがあります。
しかし、すごい長いあとがきばっかですねぇ。