安田均一覧

開幕!パチパチ

ドラゴンランス伝説1 パラダインの聖女

これで、今まで買っただけで読めなかったシリーズに続いていくことができます。

おもしろい。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2004-03
 


こんなに面白いのに……

ドラゴンランス伝説2 イスタルの神官王

実は、「伝説」が、前の「ドラゴンランス」ほど売り上げがよくないと聞いて、ショックを受けています。

たしかに、パーティをくんでなかったりと、RPG小説(というのがあるのかどうか知らないが)のお約束からは、はずれちゃっているのですが、すごいおもしろいと思うのですが。

でも、確かに、ちょっと「少年らしさ」みたいなものは、少なくなったかも。
1巻は、モロに生活臭のするお話でしたし。

でも、その分、みんな、人間らしく書けていると思います。

肉体に引っぱられるレイストとかは、とっても魅力的です。
うむ。コンプレックスが強いので、この魔術師は、大好きですねぇ。

きっと、彼のことが好きな人は、みんな自分の弱さを知っている人だと思います。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2004-05-22
 


時間テーマのSFの様に

ドラゴンランス伝説3 黒ローブの老魔術師

確かに、「ドラゴンランス」を読んだ人が求めるようなものは、「ドラゴンランス伝説」の方にはないかなぁと思った1冊でした。

だから、どっちかというと、レイストリンもしくか、双子ファンにむけた外伝みたいなのりで読むべきなのかなぁ。
わたしは、けっこうレイストリンのファンなので、許しているところがあるのかもしれません。

ただ、キャラモンの欠点が見えてきたり、時間テーマのSFの様にも見えるこの作品というのは、やっぱり、物語の水準としては、とっても高いと思います。

だから、「ドラゴンランス」の続編という色眼鏡をかけないで読む方が、楽しめるかも。


力を手に入れる

ドラゴンランス伝説4 レオルクスの英雄

彼が力を手に入れたいと思うのは、「暗黒の女王」の支配からこの世界を救いたいと思っているから。

でも、人は彼が神になりかわろうとしているように感じる(そして、それは間違えではない)
それでも、彼の支配する世界は、多分、慈悲深いものであう。

では、正しいことを成すために、間違った道を進むことは、正しいことなのでしょうか?

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
エンターブレイン
発売日 : 2004-09-30

見えなくなるもの…

ドラゴンランス伝説5 黒薔薇の騎士

彼の支配する世界は、きっと慈悲深いと思っていた。
でも、その世界で、ブーブーは、死んでいた。
きっと大好きな「あの人」のことを最後まで、心配して。

そして、やっと、「許せない」と。
キャラモンとともに、読者もそう思わなければなりません。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
エンターブレイン
発売日 : 2004-11-19

完結!!そして……

ドラゴンランス伝説6 <奈落>の双子

とうとう、「ドラゴンランス伝説」完結です。

この最終巻は、ほんとうにドキドキしっぱなしでした。
ダラマールも、かっちょいいわ。もしかすると、タニスよりも自分をしっかりもった人かもしれない。

キティアラは、一緒に冒険しているシーンがなかったので、愛情薄ので、あんな結末でもあんまりなんにも思わないんですねぇ。
でも、もし、一緒に冒険している「元気なキット」をしっていれば、タニスと同じようになやんだかもしれません。

最後の最後のレイストリンの選択が……。
そして、キャラモンの選択が……。

でも、1番泣かされたのは、タッスルにでした。
やっぱり、フィズバンの1番の友だちは、彼のようです。


容赦なしの設定

ルーンロード1 大地の王の再来(上)

まあ、ゲームとして、他人の能力値を吸い取ってしまうというのはアリだと思います。
で、この小説も、もっとゲームゲームしたものだと思っていたのですが……。なんというか、酷いわ。
ゲームでは見えてこないはずの(きっと見ないことになっている)、悲惨な部分をしっかりと描写しています。
多分、日本の作品ならば、こういう描写は許されないんでないかなぁ……。

そして、問いかけてくる。いったい、何が「正義」かと?

ここでファンタジーは、物語のテーマを明確にさせる装置として、とてもきれいに働いています。

ファンタジーを読むしあわせを感じさせてくれる物語です。


最後まで、ドキドキ……

ルーンロード1 大地の王の再来(下)

いいなぁ、これ。
けっこう、最後までドキドキして読み進みました。
最後の方なんて、戦いばっかりだったと思うのですが、すごい印象がよかっです。

そうくるか!次は、どうなる!

みたいな展開ですねぇ。

主人公のグボーンは、ちょっと爽やかすぎるだろうという感じではあるのですが、それが、ファンタジーのいいところでもあるなぁと思います。

グボーンが「選別」すれば、力は得るけれど、敵の標的になるという設定も、けっこう、衝撃的でした。
単純じゃないない「世界」をきっちりと作り上げています。

最後のレイスたちの場面も、けっこう圧巻でした。

うーん、どうやってまとめていくのか。続きが気になる作品です。

ハードカバーの本は、単純に読みにくいので敬遠しがちですが、これはそれよりも、読みたい気持ちが勝っていました。
良いです。

2巻目を購入しに行こう。


たとえ、英雄と呼ばれなくても……

ドラゴンランス セカンドジェネレーション 上

「ドラゴンランス」の子どもたちの物語です。

むかしは、こういう続編って、

「やっぱり、前作にくらべると……」

という感想をもちがちでした。
でも、最近は、

「そういう続編も悪くないなぁ」

と思っています。

源氏物語も、源氏が死んでからは面白くないとか思っていましたが、最近は、薫とか匂宮の話も好きなのです。
これは、年のせいかもしれません。

ということで、「ドラゴンランス セカンドジェネレーション」です。
これは、長編ではなくて、中短編集という感じですね。

「ドラゴンランス」、「ドラゴンランス伝説」とか、けっこう「英雄」の物語だったのですが、こっちは、ちょっと軽い感じがして、冒険者の日常という感じがします。
きっと、タニスたちも、若い頃は、こんな冒険を……とか思ってしまいます。

キットの息子スティールは、めっちゃ魅力的です。
その善と悪への引き裂かれ方は、レイストリンを思わせます。
パリン。レイストリンにあこがれている彼にも、もちろん、その影を感じるのですが、本質的な部分で、スティールの方に、わたしはレイストを感じました。

きっと、みんな、そういう感じで、誰かに誰かの影をみているんでしょうね。

そういう、「長い恋」みたいな雰囲気が、なんとも2代目物語のよいところです。

どの話も大好きなのですが、「賭けるか?」の軽さは、すばらしかったです。
わたしは、ダウガンが誰かは、かなり早い時点でわかりましたが。

パラダインにしても、レオルクスにしても、本当に、この世界の神様たちは、魅力的です。

新しい物語。かなり期待通り…期待以上です。
これからはじまる大きな物語も、期待大ですねぇ。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2003-04-25
 


光のなかの闇 闇のなかの光

ドラゴンランス セカンドジェネレーション 下

今にして思えば「ドラゴンランス」のマジェーレ家は、キャセモン、レイストリン、キティアラで、光、中立、闇ときれいな三角形だったんだなぁと思います。
そして、魅力は、中立のレイストリンにありました。

「セカンドジェネレーション」では、この中立的なキャラクターが、すごくたくさん出て来て、魅力的です。

上巻に出て来たスティール、バリンなんかも、そうです。

下巻には、レイストリンの娘ウーシャ、タニスの息子ギルサナスがでてきます。
こちらは、精神的には、多分「光」の方を見ているようですが、生まれ的には、2人とも「ハーフ」です。

それから、そのすべてを見ているという感じのダママール。この人、いいキャラになったなぁ。「伝説」のときは、そんなに感じなかったのですが、たしかに、かなりかっこいいです。

そして、個人的な問題だけではなく、この中立的ものは世界の構造そのものにもはいりこんできます。
エルフの腐敗。そして、気高い「タキシス騎士団」。光にして混沌。闇にして法。
まるで、巴の紋のように、光の中に闇があり、闇の中に光があります。

プロローグが終わって、「夏の炎の竜」に向けて、物語がうねっています。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2003-07-23