ブライアン・ラムレイ,夏来健次,読書クトゥルー,タイタス・クロウの帰還,タイタス・クロウ・サーガ,創元推理文庫,地を穿つ魔,東京創元社,神話

タイタス・クロウの帰還 タイタス・クロウ・サーガ

消えたので、書き直しです。

これが、「地を穿つ魔」の直接の続編になるのかな。そして、「事件簿」に繋がるのだと思います。

いやぁ。海外の作品で、ここまで中二的展開というのは、あんまり見たことなかったので、おもしろかったです。
でも、もう途中、自分の思いついた設定を展開したいだけだろうみたいな感じで暴走していて、

「こんなん、オレ以外に誰がよろこぶねん!!」

と、叫んでました。

まあでも、そういう叫びを上げさるマニアが、きっと他にも何人もいて、クトゥルー神話っていうのは出来ているんでしょう。

ブライアン・ラムレイ,夏来健次,読書クトゥルー,タイタス・クロウの事件簿,タイタス・クロウ・サーガ,ブライアン・ラムレイ,創元推理文庫,地を穿つ魔,東京創元社

地を穿つ魔 タイタス・クロウ・サーガ

先に出版されていた「タイタス・クロウの事件簿」は、この作品の続き的なものなのかな。
けっこう、思ったよりもクトゥルーしている感はありますねぇ。主人公は怯まないけど、それなにり対策が後手後手にまわって、ドキドキする感じはあります。

でも、この後は、どんどん日本のラノベ並にぶっ飛んだ話になっていくそうです。
それはそれで、楽しみだ。

ブライアン・ラムレイ,夏来健次,読書オーガスト・ダーレス,クトゥルー,タイタス・クロウの事件簿,タイタス・クロウ・サーガ,ダーレス,ブライアン・ラムレイ,ホラー,ラー,創元推理文庫,東京創元社

タイタス・クロウの事件簿 タイタス・クロウ・サーガ

神霊探偵タイタス・クロウです。
探偵じゃないって~~、というツッコミは置いておこう。

魔の力を持って、魔の力を制する物語です。
そして、作者のブライアン・ラムレイ自身が書いているように、

「クロウは決して恐怖に卒倒したり逃げ出したりすることがない。」

のです。
それって、ホラーとして、どうなのよ(爆)

でも、この派手さ、オーガスト・ダーレスの「永劫の探求」を読んだときと同じ様な、矢野 健太郎の「ケイオス・シーカー」シリーズを読んだときと同じ様な楽しさを感じました。

「ケイオス・シーカー」は、多分、意識して読んだ初めてのクトゥルー物だったのです。

長編、全部日本語で出るといいなぁ。