平井和正,読書,NNマンガ,平井 和正,幻魔大戦,NN

extra幻魔大戦3

消えたので、書き直しです。

江田 四郎との対決。いや、対決はしてないか。

つくづく、なんでこの1番マンガになりにくい部分を選んでマンガにしようと思ったかなぁと、そのチャレンジ精神はすごいと思います。
小説を読んでいても、もう、今まで読んだことのないものを読んでる感がすごかったです。

超能力ものとはいいながら、アクションシーンは、ほとんどないしねぇ。

平井和正,読書,NN幻魔大戦,NN

extra幻魔大戦2

田崎、市江、康雄と無名塾組の登場。
このあたり、期待していたものとはあきらかに違うものを読まされているのに、おもしろかったという記憶があります。

平井和正,読書,NNマンガ,平井 和正,幻魔大戦,NN

extra幻魔大戦

「幻魔大戦」の1番地味なところであり、1番楽しいところでもある「GENKEN」が発足して大きくなっていくエピソード。
なぜ、ここをマンガにしようと思った?見せ場多いところは、もっと他にあるとおもうのですが。

そして、原作1~3巻の部分はすっとばしているので、初見の人には難しいマンガになっていると思います。

絵柄がなぁ。もうちょっと、東 丈がかっこよくてもいいのにと思ってしまいます。