読書,黒咲練導アスキー・メディアワークス,セット,マンガ,放課後プレイ,電撃コミックス,黒咲 練導

放課後プレイ High Heels

主人公達は、最初にもどります。

読むのが久しぶりすぎるせいか、なんか感覚もリセットされていて新鮮でした。

この手のマンガって、どんどんエスカレートしていくことにならされちゃうところがあるからなぁ。
今なら、あつ森とかしてるんだろうか?

読書,黒咲練導アスキー,アスキー・メディアワークス,リアル,放課後プレイ,電撃コミックス,電撃コミックスEX,電撃4コマ コレクション

放課後プレイ3

さすがに、3巻目はパワーがちょっと落ちてきたかな?

微妙なラインというのは、長く続けると耐性ができてきて、だんだんエスカレートすると微妙なラインでなくなってしまうというところがあるからなぁ。

でも、人によって性格変わるところとかは、リアルだったりする。そして、あの素直な告白と、なんでそれがてきたのかというラストの謎解きは、けっこういいです。

モラル的にはねぇ。

読書,黒咲練導アスキー,アスキー・メディアワークス,マンガ,メディアワークス,放課後プレイ,電撃コミックス,電撃コミックスEX,電撃4コマ コレクション,黒咲 練導

放課後プレイ2

先輩と後輩篇みたいな。

このドキドキな感じは、本当にすごいです。なにがあるわけでもないけれど、このドキドキな感じだけで、毎日が終わる様な。ドキドキとコンプレックスのグルグルは、とっても相性が良かったりします。

ところで、先輩の目の周りの点々はなんでしょう?個人的には、目の隈だと思うのですが。

読書,黒咲練導アスキー,アスキー・メディアワークス,マンガ,メディアワークス,放課後プレイ,電撃コミックス,電撃コミックスEX,電撃4コマ コレクション,黒咲 練導

放課後プレイ

だらだら、高校生カップルが、放課後、テレビゲームをプレイするという……ちょっと、エッチな雰囲気のマンガ。

まあでも、この好きすぎて

「…頭ン中が嫌な事でいっぱいに…」

とかは、よくわかる気がする。

むしろ、この2人が、どうしてつきあうようになったかを知りたいですねぇ。