魔夜峰央一覧

マライヒは、いい子です

パタリロ!選集38

なんか、さすがにここまで続くとスゴイ小品の集まりという感じになってきます。
それでも、パターンにそって続けていくところが、偉いところ。

読み返して、パタリロはみんなからけっこう迷惑がられているよなぁと思っていたのですが、マライヒだけはけっこうイヤな顔せずにパタリロにつき合っていますねぇ。

しかし、よく考えると、こんなアニメをよく放送したもんだ。
昔は、チャレンジャーが多かったのか?


風刺

パタリロ!選集39

長く続くマンガは、盛り上がってはいけない。
盛り上がると、最終回になっていまうから。

ということで、このテンションでずーーっと続けるというのも、かなりすごいことだと思います。

「殿下もあと10年たてば大人に…」

これほど、ウソっぽい言葉も少ないな。


もはや、なんでもあり……

パタリロ源氏物語!1

本編自体が、「サザエさん」のようなパタリロですから、もはや、何でもありだな。
これがまた、けっこう、博学なので、ビックリしますが。

しかし、バンコランが、女の子を口説いているのは、ちょっと違和感がないわけではない。


悪魔

パタリロ!選集40

悪魔とか天使の話は、実は、けっこう好きです。

ところで、魔夜峰央は、かなり知識が深い。こっからとってくるかーというのがありますねぇ。


犬鬼が、小鳥を逃がしてしまったの…

パタリロ源氏物語!2

けっこう上手に、陰陽師をからめているなぁと。
安倍家と賀茂家の確執なのですが、賀茂家サイドからかかれているものは、けっこう少ないし。
いろんな意味で、異常な知識の豊富さです。

マライヒが紫なのですが、藤壺とは似てないよねぇ。


嫉妬深いのか?

パタリロ源氏物語!3

紫の上が、嫉妬深いというのは、なかなか新解釈な気がしますねぇ。マライヒだからか?


原典を読み解く素養はなくても…

パタリロ源氏物語!4

あぁ、この人は、

「原典なんて読み解く素養がない」

とかいって、原典を読んでないことを強調していますが、原典を読んでなくても、いろんな知識を旺盛に集めていることはよくわかる。こういう人の

「わたしは勉強していません」

を信じてはいけない(笑)

てなことを「2人がしあわせに結ばれた説」を読みながら考えていました。


ネタ?

パタリロ!選集41

で、結局、パイライフというのは、パタリロの仕込んだただのネタということでいいのかな?

クトゥルー神話の邪神??


ロビンでも、卓也でも……

横須賀ロビン

日本が舞台の魔夜 峰央。ビミョーやなぁ(笑)

特にビミョーなのは、主人公。なかみがロビンでも、卓也でも、そんなに変わってないという。

まぁ、最初の話は、卓也じゃなくてはいけないわけですが……なんで、後の話はロビンに変わったんだろう。必要があんまり感じられなかったりします。

まあ、安定したおもしろさはあるんですけどね。


江戸の波多利郎

パタリロ!選集42

しかし、この本編を続けながら(?)、西遊記もしたり、源氏物語もしたり。そして、本編の中にも、江戸編があったりと、マンネリとはいわれつつ、よくネタがつきない物だと感心します。