高河ゆん一覧

刹那の輝き

機動戦士ガンダム00 in those days

高河 ゆんということで、購入して読んでいますが、「00」の知識自体がまったくないです。
角川のコミックス版の1巻を2年ほど前に読んだきりですね。
それ以降、読もうとしていないのは、それだけの魅力しか1巻には感じなかったということです。

ということで、なんのことやらさっぱりです。

まあわかったことは、前、読んだコミックの1巻は、まだまだ、物語の全貌がまったくでていなかったということぐらいです。
あれだけの単純なお話ではないことはおぼろげに理解できました。

もう、ガンダムといっても、ガンダムからかけ離れているからなぁ。
年寄りには、ついていくのは無理かも。

高河 ゆん,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2010-08-26
 


言の葉

LOVELESS1 限定版

高河 ゆんは、メチャクチャ好きなマンガ家で、一時期は1番といっても良いぐらい好きだったかも。
特に、「源氏」。これは、凄いマンガです。

でも、これは昔からの高河 ゆんファンならうなずいてくれると思うのですが、この人、本当に「凄い」、「好き」と思っているマンガほど、途中で終わっているんです。まあ、その途中で終わっている、「凄い」、「好き」な作品は、みんなそれぞれに違うわけですが、それぞれに違っちゃうぐらいいろんな作品が、途中です。

私が好きなのは、「源氏」、「B型同盟」、「RENAI」で、まあ、「RENAI」だけは、なんとか完結した感じですが、「RENAI」と「恋愛CROWN」は違う作品だと思っているし、「RENAI」が真吾の話で完結というのは、ちょっと違う気がしていて、未だに、「RENAI」の続きというか、あの間の話が読みたいと思っています。

そんな、高河 ゆんですが、この「LOVELESS」は完結しているので、安心して読めるかな。
けっこう、良さそうな感じです。
もう、「源氏」にグラングラン心揺さぶられる感性がなくなっている自分がちょっと悲しい。多分、あの頃なら、もっとおもしろいと思います。


攻め撃つ

LOVELESS2 限定版

Hなシーンがないけれど、なんとはなしにとってもやらしいマンガっていうのがあって、「LOVELESS」は、そんなマンガです。
あと、わたしのなかで、そういうカテゴリーに入れられているマンガって、秋里 和国の「ルネッサンス」があります。
「放課後プレイ」もそうだったのですが、どんどんストレートな方にいっちゃって、味が薄くなったと思います。

こういう感じのマンガは、けっこう貴重だと思います。