藤原カムイ一覧

実は、ドラクエでクリアしたのは…

エデンの戦士たち1 ドラゴンクエスト

実は、テレビゲームのドラゴンクエストで、クリアしたのは、「1」だけなんですよ。
ドラクエ5か、ファイナルファンタジー5が、1番最初に遊んだテレビゲームのRPGだと思うのですが、どっちかというとスクエアのゲームの方が、肌にあったんだと思います。
あと、きっと、何回かセーブを消されたりするという物理的な経緯も、影響あるかも。

でも、人(主に妹)がプレーしているのを後ろから見ているのは好きだったので、まあ、だいたいのストーリーは、知っている感じです。

ということで、クリアはしていないけど、スーパーファミコンで、「5」、「1&2」あたりは、さわったことがあります。「6」の記憶は、まったくないなぁ。
で確か、「7」は、プレイステーションで出たんですよね。はじめの部分だけ遊んだ覚えがあるかも……たしか、3Dのリアルな手がでてきて、やる気が萎えた思い出が……。

どんどん、RPGのストーリーが広がりすぎるようになってきて、仕事的に時間がとれなくなってきて、だんだんとゲームからはなれていった時だったのだと思います。

とまあ、ゲームの話はおいといて。
藤原 カムイ版のドラクエです。
この本も、1回、6巻ぐらいまで読んでいたのですが、途中にインターバルが入ってしまって、全然、ストーリーが追いかけられなくなってしまったものです。
今回、1巻から読み直していますが、全然、おぼえていません。

うーん、年のせいだと思いますが、21世紀になってから読んだ本って、本当に、うろ覚えが多いです。
でも、藤原 カムイは、やっぱり上手いし、面白いです。
忘れないうちに、どんどん読んでいかなければ……。


ドラクエの勇者って、イメージするの難しいよね?

エデンの戦士たち2 ドラゴンクエスト

おぉ、マチルダさんが、おっさんモンスターに!!

とか、再読のはずなのに、素でビックリしています。
なんにも、おぼえてないなぁ。


タツノオトシゴのマーク!

エデンの戦士たち3 ドラゴンクエスト

いや、水の紋章が出たからといって、漁師の子どもであることにかわりないので、海のものにとってはやっぱり敵ではないかと思ってしまいます。


残された楽園

エデンの戦士たち4 ドラゴンクエスト

「エデンの戦士たち」という題名の意味が明らかに。

タイムトラベルものです。そういえば、ドラクエは、時間のテーマ扱うのはなかなか上手だと思います。


大きくなるっていうことは?

エデンの戦士たち5 ドラゴンクエスト

確実に強くなっていくというところが、RPGの楽しいところであります。
このマンガでも、そのあたりは、上手に表現されていると思います。


機械のこころ

エデンの戦士たち6 ドラゴンクエスト

このプレミンの話あたりだけ、ちょっとおぼえています。
もしかすると、このあたりをつまみ食い的に読んだだけなのか?


人のこころ

エデンの戦士たち7 ドラゴンクエスト

結局、ゼボットは、人の心がわからないままだったのではないかという疑問をもちつつ、このエピソードは、結構好きです。


勇者は4人?

エデンの戦士たち8 ドラゴンクエスト

紋章を継ぐものが勇者だとしたら、勇者は4人この世界にはいるということでしょうか?
こういう、広がりが、ドラクエの楽しいところですね。


そして、カヤは、どうなった?

エデンの戦士たち9 ドラゴンクエスト

カヤのことが、ちょっと気になったりして。
けっこう、好みの顔だったのに(笑)ツンデレ好き?


蜃気楼の塔

エデンの戦士たち10 ドラゴンクエスト

このあたりは、ゲームにはないそうです。
でも、なんかゲーム的で、あってもおかしくなさそうな感じです。