草場純一覧

そこまで考えるか…

ゲーム探検隊-改訂新版-

ボードゲームのお話…といっても、もともと20年ぐらい前の本で、カタンもなかった時代の本なので、取り扱われているゲームは、伝統的なゲームがほとんどです。
でも、こういう考え方は、今のゲームでも、ものすごく通用するなぁと思いました。

わたしは、あんまり頭が良くないので、ゲーム理論までいってしまうとわからなくなってしまいます。
でも、けっこう面白かったです。

草場 純さんの知識というのは、これから、100年後、200年後のために絶対に本にして残しておくべきものだと思います。

ぜひ、世界中の、日本中の、いろいろなゲームの遊び方の本を執筆していただきたいです。
あと、巻末コラムの「歴史は遊ぶ」みたいなウンチク話も、いっぱい聞きたいです。


トランプであ・そ・ぼ!

夢中になる!トランプの本

草場 純、ファンのわたしです(笑)このトランプの本も、楽しかったです。

子どもの頃には、お正月や夏休みなんかに、友だちや親戚たちと「大富豪」や、「ページワン」を遊んだ記憶があります。「スピード」も、けっこう遊んだなぁ。
ぐるぐる温泉の「ナポレオン」が、ボードゲームで遊ぶ大きなきっかけになっていると思います。
そう考えると、わたしのゲーム歴のなかでは、トランプというのは、けっこう重要な位置にあるはずなのですが……。
ボードゲームをはじめてからも、「スペキュレーション」とか、「オーサー」とか、けっこうおもしろいトランプのゲームを教えてもらってはいたのですが、ルールを憶えきれなかったりとかいろいろあって、結局、トランプを遊ぶ機会は、とっても減っていました。

子どもたちと遊ぶとしても、「ババ抜き」か、「七並べ」ぐらい?それをするぐらいなら、なんか、ボードゲームをしたいと思っていました。

でも、今回、この本のおかげで、ちょっとトランプをする機会が増えました。

最近は天気が悪いときは、(よその家の)子どもたちと、この本で知った「ゴー・フィッシュ」や、「ぶたのしっぽ」なんかを楽しんでいます。
この前は、「ゴー・フィッシュ」を何回か遊んだメンバーで、「オーサー」を楽しみました。

なんか、この本を見てると、今まで子どもと遊ぶときに、難しい、めんどくさいと思っていたルールの説明が、けっこう、スムーズにいきます。
トリックテイキングのおもしろさが、子ども(小学2年生)に伝われば、いいなぁというのは、今のところの野望です。

ウィザード・カードゲームの原型の「オー・ヘル」あたりは、はじめるのに良さそうな気がしています。

あと、マジックも、子どもを惹きつけてます(笑)下手だけど。