芳崎せいむ一覧

笑って、あこがれて、少し泣いた…

金魚屋古書店出納帳 上

いろいろなところで題名は聞いていて、家に来たお客さんからも、

「『金魚屋古書店』みたいですねぇ」

と言われていて、読まねばと思っていた1作です。 

本好きには、たまらないお話ですねぇ。

「暴れん坊本屋さん」もいいですけど、本当に働きたい、あって欲しいと思うのは、回転の速い普通の本屋さんではなくて、こっちの古本屋さんかも。

ウチにも、こんな空間があれば……。

こんなお店があるということは、とても大切に本がされて、それが流通し続けているということで、そういう世界そのものにあこがれを感じで、ちょっと泣けてきました。

ストーリーは、ただのウンチク話といってしまえばそれまでなんですけどね。

でも、ウンチクに耳をかたむけるのも、すごい好きです。

ここに住みたい…。


マンガの神様

金魚屋古書店出納帳 下

まあ、うちも、マンガの神様に娶されていただいたクチですから。

世の中、どんなことでも、おこるかもしれません。


自分を形づくるもの

金魚屋古書店1

出納帳ではない「金魚屋」さんです。出納帳からそのまま続いている感じで、ここから読み出した人にとっては、人間関係は、けっこう把握しづらいかもしれません。

まぁ、マンガ好きなら、それぐらの情報は自分で仕入れて読んでいるだろうから、問題ないか?

今回、知っているマンガは、「Dr.スランプ」と「千津美と藤臣くんシリーズ」、「白木蓮抄」ぐらいです。

ただし、「千津美と藤臣くんシリーズ」は、全然、内容を覚えていないなぁ。今度、文庫本で読み直さないと……。

「白木蓮抄」は、秋田書店の文庫本で読んだのですが、ものすごく不思議な印象だったのを覚えています。
おもしろいのか、おもしろくないのかが、わからない。
もう1歩だけストーリーを長くして、ドラマチックにしたら、きっとおもしろいと思うのですが、わざとそういう展開をさけているような印象もあった。
ポーンと、問いかけだけを読者に放り投げるようなマンガだった記憶があります。
こっちの本は、場所の関係で、手放してしまいました。
この手放したというのは、出会った時期とも関わりがあって、今だったらどうだろうと思います。

そうやって、手放してしまった本でも、今でも、金魚屋古書店にちゃんとあるとわかると、少し安心する気がします。


今回は、知ってるマンガが多かった

金魚屋古書店2

今回は、有名どこが多かった気がします。
でも、1番おもしろかったのは、元ネタしらない「宮澤賢治・漫画館」だったりします(笑)

しかし、かいているマンガ家の名前を見ても、けっこう凄いメンバーで、読んでみたいなぁ。


セーラームーンは、名作です

金魚屋古書店3

「美少女戦士セーラームーン」って、もう、懐かしなのかぁとか思うと、時代を感じてしまいます。
でも、小学2年生のとき、ヴィーナスの格好をしていた女の子も、もう確かに20歳を越えているんだから、そうなるか。

マンガって、時代が広範囲で、わたしは自分のことをマンガ好きだと思っているけれど、それでも、クリティカルなものって少ないです。

それだけ、裾野が広がっていると思えば、楽しいかな。


デビルマンのトラウマ

金魚屋古書店4

3巻ぐらいからだんだんと、それぞれのマンガと絡んだお話という感じではなく、マンガを取り巻く人たちのお話にシフトしていっている感じです。
まあ、そういう話も、好きです。

「デビルマン」は、実際わたしも読んだのは小学生時代で、トラウマになりました。
怖いのに、毎日、本屋に通って、毎日、立ち読みしていました。

特に、ジンメン。



大きな本屋さん

金魚屋古書店6

この「本が好き」の話や、「暴れん坊本屋さん」を読むと、自分がやりたかった本屋さんが、大きな普通の本屋さんではなかったことに気づきます。

そして、多分、それでは商売にならない……。

夢は夢のままの方が、いいのかも。


本の居場所

金魚屋古書店7

「どの本も…きっと自分の居場所を探している」

という言葉がいいねぇ。
コレクターではなくて、本が大好きな人でありたいです。


蜘蛛の巣のように

金魚屋古書店8

金魚屋も世界が広がって、金魚屋自体が舞台になることがへってきたような……。蜘蛛の巣か、金魚屋のダンジョンのように広がっていくと面白いな。

しかも、ヒキが……。