石ノ森章太郎一覧

ママ、これでぼくは、嘘つきじゃないよね

仮面ライダーSPIRITS5

えーと、熱い熱い仮面ライダーマンガ、「仮面ライダーSPRITS」です。
世代なのかどうかわかりませんが、わたしは、ウルトラマンより仮面ライダーの方が燃えるのです。

しかも、出てくるライダーたちは、わたしのよく知っているライダー達ですから。

「ゼクロス」編です。
むかし、まだ、わたしが幼稚園のとき。
幼稚園に持って行くパックにプリントされていたのが、見たこともない赤い仮面ライダーでした。
そしてそこには、「仮面ライダーZX」の文字が。

このバックのプリントは、当時、ヒーローが大好きだった幼稚園児(男子限定)の話題の的でした。

「なー、それ、ホンマに仮面ライダー?」

「ニセモノなんとちゃう」

「敵やったりして」

そんなとき、ぼくは、胸を張っていったものです。

「これは、今度始まる新しい仮面ライダーやねんぞ~」

なんか、雑誌でこのライダーを見たという子も現れて、僕たちは、今か今かと、この新しいライダーが、目の前に姿を表すのを待っていました。
でも、新しく始まったライダーは、「ZX」では、ありませんでした。

「違うじゃないか…」

「うそつき…」

ぼくは、悔しさをかみしめて、まだ新しいその幼稚園バックを、何度川に捨てようと思ったことか……1
でも、幼稚園は、送り迎え付き。そんな行為は許されません。

今になれば、わかります。
企画倒れ。そして、早すぎた商品化。

でも、でも、そんな「ZX」が、今、わたしの前に姿をあらわしました。
ぼくは、嘘つきじゃなかったんだ!!

当時、幼稚園の子が、30歳を越えるまでもの長い月日が過ぎていましたが。
あの頃の友よ。見ているか?
多分、見てない(笑)

と遠い記憶に思いを馳せると、「ZX」ではなくて、「ZO」とかいてあった気もするわたしであった。
ライダーマニアの人の情報を求む。
そんな人は、こんなサイト見てないか?

  1. すいません。このあたり記憶が曖昧なので、創作が一部入っています []

そして、またこんな本を読んでいるという…

受け継がれる魂2 仮面ライダーSPIRITS

また、こんな本を読んでいます。
でも、ジャンプとかが作るこの手の本とは違って、当時、仮面ライダーをやっていた剣友会の人たちのインタビューとかが載っていて、おもしろいです。

そういって、自分をごまかしていないか?

ところで、前書いた「ゼクロス」のことですが、連載された頃と、わたしが幼稚園の頃とでは、時期が全然あってないような気もします。

イメージ的には、「仮面ライダーX」の前か後あたりの時期のはずなのです。

でも、はたして「X」が、本当にわたしの幼稚園児時代かというと、それもおぼつかない。

いい加減な記憶の中を生きています。


変身!

仮面ライダーSPIRITS6

「力を引き出す為の動きがあるだろう!!」

「で、『変身』…だろ!!」

無理があると思います。
でも、無理があるからこそ燃える仮面ライダー世代(笑)

そして、

「どんな動きなのかな?」

と手が知らない間に動いているのは、内緒です。1
それは、もうしかたないんだよ。

  1. あと、猪木の「1、2、3ダーー」にも、無意識に反応して手が動きます。 []

アーマゲドンゴット

キカイダー02 6

いやぁ。
アーマゲドンゴットがでてきたときは、けっこう、興奮しました。

……いきなし、自爆するとわ。
何のために、出てきたんだ?

このあと、00(ダブルオー)とかも、出てくるのでしょうか。
出てきてほしいなぁ。


おやっさん!

仮面ライダーSPIRITS7

立花のおやっさんを見ると、なんか涙か出てきます。


ねんりきしょうらい!

イナズマンVSキカイダー1

「キカイダー02」って、終わったんだっけ?
それのストレートな続編になっているのかどうかわかりません。

「VS」とついているけど、この1巻でキカイダーつぶれているし、はじめっから、1巻もののここまでの企画だったのかな?

えーと、石ノ森章太郎の「イナズマン」は、ものすごく色っぽい話で、すごくドキドキしながら読んでいた思い出があります。
「ゴレンジャー」は、ぶっ飛んだお色気だったんだけど、「イナズマン」の方は、なんていうか、もう、「ムンッ」ていう印象が残っています。

えーと、キーワードでいうと、女教師とか、お姉さんとか(笑)
まあ、お姉さんというのは、石ノ森章太郎の永遠のテーマでもあるわけですが。
本当に、美人だったらしいですねぇ。


そして、名乗りをあげろ!

仮面ライダーSPIRITS8

「仮面ライダーSPIRITS」は、「仮面ライダーZX」を語る物語として収束していくようです。

いや、それぞれのライダーの活躍の場が、もう1回ぐらいあったらうれしいかも。


やせ我慢

仮面ライダーSPIRITS9

一文字と洋のやせ我慢が熱いです。
こういう物語を読んで育つ意味は、あると思います。


名前決まってから、エンブレムできるまではや。さすが、世界規模の組織

仮面ライダーSPIRITS10

「仮面ライダーSPIRITS」のSPIRITSの意味が、今、あきらかに。

例え改造人間ではなくても、魂は。
例え改造人間でも、魂は。

両方の意味がこもっていそうです。

しかし、組織の名前が決まってから、エンブレムができるまでのスピードが、はやいはやい(笑)この世界中が、壊滅状態にあるときに、素晴らしい組織力です。

そして、それを繋ぐのがライダーマン結城。
あのバイク(結局、役に立たなかったけど)は、かなり燃えました。

でも、こういう急ごしらえの人間の組織って……えてして……。


あと3巻、いや、1巻分でも続けば……

キカイダー02 7

MEIMU版キカイダーも、これにて完結です。
MEIMUは、昔から「絵はすごくいいんですが、ストーリーが……」という感じの人で、いいストーリーがつけば、傑作が生まれると思っていました。
でも、「仮面ライダー龍騎」とか、あんまり、ストーリーにも恵まれてなかった気が…。

で、この「キカイダー」は、ついに来た「いいストーリー」だと思ったのですが。

だってまず、原作があの名作!それをトレースしているだけでも、かなりのものになるはず。それに加えて、ひなのの存在もよかったのですよ。原作のアイテムのちりばめ方もなかなかだったし。

ダブルエンドも、燃えた(笑)

でも……。
以下、ネタばれありかな。

続きを読む